TOP > IT・テクノロジー > PC Online > 今は存在しない職...

今は存在しない職業への準備――「21世紀型スキル」:情報化によって生まれる“新しい職業”に適した“新しい教育”《山内祐平「10年後の教室」》

124コメント 登録日時:2012-05-09 06:57 | PC Onlineキャッシュ

(執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります) 米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏が2011年8月、ニューヨークタイムズ紙のインタビューで語った予測が波紋を呼んでいる。「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」というのである。 情報化が進...

Twitterのコメント(124)

@mmm_cx  これですかね…?なんか大学でも似たような話聞いた気がします…
>「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
(Q194703: ななしのよっしん)
[続き] 予測が波紋を呼んでいる。
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの
65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
"今小学生の65%は現在まだない職業に就く" というアメリカの方の予測。たまたまラジオで聞いて、考えさせられた。私の職業も自分が生まれた頃にはなかった。変化に対応、変化を楽しめる人間になりたいな。
やはり本当だったのか....
今は存在しない職業への準備――「21世紀型スキル」:情報化によって生まれる《山内祐平「10年後の教室」》
興味深い。RT @ShibainuKing: "「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」"(キャシー・デビッドソン)
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう…」日本ではどうなるんだろう…/
"「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」"(キャシー・デビッドソン)
tdjのみんなはどう考える? 「今は存在しない職業への準備――『21世紀型スキル』」
2011年に小学校に入学した子供の65%が今ない仕事に着くだろう。


たった20年後だぜ。ワクワクするぜ!
日本の就活なんぞという茶番もあと20年以内に消えるだろう。

今存在してない仕事か。ワクワクするぜ。
5月の記事だけど。「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」というのである。
【21世紀型スキルとは何か】山内祐平先生による記事「今は存在しない職業への準備「21世紀型スキル」情報化によって生まれる」はこちら。
米産業構造の先行研究あり 7割の仕事が消えると表現するか新しい仕事に就けると捉えるか @sasakitoshinao: 10年後に「食える仕事」「食えない仕事」~グローバル化で職の72%は消える
なぜDuke大学を調べたかっていうと、次の記事を読んだから。。。→
Facebookの友人より情報:今ぼくがやれるとしたら今は存在しない職業になるのかもしれない。なれないかも知れないし。とにかく頑張って楽しむ!!スキルも色々と身につけないと行けないけど。。 / "今は存在しない職業への準備――「21世…"
@taa24 こーゆーのがありますね。→
2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう"
@guchiyama0811 あくまで予想。明治維新のとき8割は農民、いまは農業をやっているのは1割以下。その為に必要なスキル(コミュニケーションやチームワークなど)「転移可能な一般能力」がマスト。
いくらなんでもたった10年でそりゃないよ。100年ならわからんけど > "2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう"
たしかに、工学は「使える」までにとても時間がかかる。専門的知識よりも一般知識が重視される世の中になるのは確かだろうな。
存在しなかった職業の例示が酷い。 /
ここで言われている難しさというのがわからない。「21世紀型スキルは幅広い能力群によって構成されているため、日本の学校で全ての目標を取り扱うことは難しい」| 5月9日
日本の従来の教育システムでは、ほとんどカバーしていないスキルが必要になります。
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」こういう視点持ってたいな。 →
今は存在しない職業への準備——「21世紀型スキル」:PC Online: most discussed on @ns596/english (
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就く」とのこと。本質的な話。 / 今は存在しない職業への準備「21世紀型スキル」
『10年前には「情報セキュリティマネージャー」や「ソーシャルメディア・コーディネーター」などという職業は存在しなかった。』まさにその通り。次の10年はどうなる?>
気になる記事・・・
これは間違いなくくる。サーチャー、キュレーターに情報アーキテクト、遺伝子操作医、小惑星探査員、多国間コーディネーターなどなど >>
本当に、世界はどんどん進化してるよなぁ…【今は存在しない職業への準備――「21世紀型スキル」】:PC
自分にはどこまで備わっているのだろうか。
面白い! 今は存在しない職業への準備——「21世紀型スキル」:PC
21世紀のスキルは『 ・仕事の方法――コミュニケーションと協働
・仕事の道具――情報通信技術(ICT)と情報リテラシー
・世界で暮らすための技能』だそうです。 -
新しい職業が現れたら、当然無くなる職業も出てくると。 /
20年先のことなんて誰にもわからない。→
教育の目的を根本から考え直そう!
《思考の方法》《仕事の方法》《仕事の道具》《世界で暮らすための技能》←大学の「建学の思想」の現代版といえそう。|
つまり、子供達をニュータイプに育てようというのなら、ガンダム観たほうがいいよね
ZZくらいまで
あと、批判的思考という言葉は響きが良くないと思う
PC 「今は存在しない職業への準備」――「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」ですか。:
「雇用の前提となる専門性の変化が常態化し、職業が安定した存在でなくなることは間違いないだろう」。肝要なのは、凡人として生き抜くこと。生き抜ける社会をつくること。/
2011年に小学校に入学した子ども達の65%は、今は存在していない職業に就くというアメリカの予測。でも確かに、15年前にはなかった仕事にいま就いている方はWeb系をはじめ、ごまんといる。■
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
学問は職業訓練じゃ無いと思う! これから小学校に入学する子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在しない職業に就くだろう。
ATC21Sが考える21世紀型スキル(思考の方法、仕事の方法、仕事の道具、世界で暮らすための技能)
人生50年、先を読む力がまず大事。
いわゆる就活生の企業人気ランキングほど当てにならない。
21世紀型スキルの4領域は直感的に納得。ただ、学校でどの程度実践されるかは、まず入試が変わらないと期待できないだろうね。|【PC Online】
私は40代後半。働き盛り(のはず)RT @ProfMatsuoka: 米国の話。日本もそうならんと。@torii_h これから小学校に入学する子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在しない職業に就くだろう。
今は存在しない職業への準備「21世紀型スキル:思考の方法/仕事の方法/仕事の道具/世界で暮らすための技能」。これらが必要だとしても、あくまで「方法」「道具」「技能」という持ち運び可能で人格や「能力」とは別のものとして追求・伝達すべき。
学校の社会化が必要だろうな。教員の社会人化でもいいけど。それとも、社会人の教員化の方が早いか?>
小学生の子を持つ親としても気になるなあ。
20120509「 情報化によって生まれる"新しい職業"に適した"新しい教育"」(PC Online)
これを読んで思ったこと.常にアンテナの感度を高めておく必要がありますね.
[university] /
4つのスキルが紹介されているけど、なかなか今の日本の公教育では難しそう。|
今日暇な時に読む
米国の話。日本もそうならんと。@torii_h これから小学校に入学する子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在しない職業に就くだろう。
あとでよむ /
読んでる>
いいね。@_
この記事を見つけてくれた徹さん、ありがとう!
昨日から悩んでいたことの解決への道筋が少し見えてきました。
cocom_jpこの記事オモロイ。 こういう考え方がこれからのキャリア教育において、非常に重要だと思う。 /
就職できないという意味では学校教育は10年位前に終わっているからな。 /
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」|10年後の教室:
2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう......
「米国の教育関連ニュースサイト「MindShift」でも、大学生が今まで存在しなかった職業に就くためにどの専門を選ぶのが有利かを考え始めていることが報じられている」→
[今は存在しない職業への準備 「21世紀型スキル」|PC ] 要は「ツブシが利いて,かつ器用貧乏でない」ってことで,なにも21世紀に限らず近現代全般に要す力な気はするね.エキスパート願望みたいなものはいつどこにもあるけれど.
要チェック(特に学生のみなさん)です。RT @yuuhey: ブログ連載「10年後の教室」、第2回の記事が公開されました:今は存在しない職業への準備―21世紀型スキル
「10年後の教室」。いつも東大山内先生のコメントはいつも刺激的です。:日経BPより
ブログ連載「10年後の教室」、第2回の記事が公開されました:今は存在しない職業への準備―21世紀型スキル
今は存在しない職業への準備――「21世紀型スキル」
以上

記事本文: 今は存在しない職業への準備――「21世紀型スキル」:情報化によって生まれる“新しい職業”に適した“新しい教育”《山内祐平「10年後の教室」》

関連記事

画像で見る主要ニュース