漫画村等に実施されたブロッキングの“脆弱性”にプログラマー小飼弾氏が解説「まともなサイトもブロックの対象に」

サイトブロッキングの対象となった漫画村も利用していたCDNサービス「CloudFlare」。4月23日放送の『小飼弾の論弾』で、現代の配信プラットフォームビジネスを支えるCDNサービスとは何か? プログラマーの小飼弾氏と山路達也氏が解説と、安易なサイトブロッキングがもたらす危険性について議論しました。...

Twitterのコメント(15)

>どこの川上さんか知らないけど

IPアドレスじゃなくてDNS(FQDN)でブロッキングするっつってんだろハゲ
| 政府が、コンテンツを違法掲載している「漫画村」などの海賊版サイトを名指しで実施した「サイトブロッキン…
ふむ、、そういうことだったのか、、
IPアドレスじゃなくてCDNからの配信の単位で止めろよという理屈は分かるけど、検閲に繋がる問題とイタチごっこになる問題は、いずれにしても解決しないような。
"ブロックするのは、あんな施策を出した一同でしょう"
読: -

ニコニコのメディアでカワンゴ批判するんだな
「どこの川上さんか知らないけど、モグリです」 /
「どこの川上さんか知らないけど、モグリです」

モグリ!

【 | 】
これ本当になあ…。誤爆はするしその気になれば簡単に回避できるし、漫画村なんてもうなくなってるし、ハイリスクでローリターンを通り越してすでにノーリターンなんですよね。検閲の先鞭を付けたいとしか思えないんですけど
バッサリで草 無をブロックとかTASかな? -
『どこの川上さんか知らないけど、モグリです。』
|
/「どこの川上さんか知らないけど、モグリです。」
声出してワロタw
これIT知識の無いバカにはまったく理解できないと見た。
なんかこのCDNの例え話下手くそじゃない?
以上

記事本文: 漫画村等に実施されたブロッキングの“脆弱性”にプログラマー小飼弾氏が解説「まともなサイトもブロックの対象に」

関連記事