TOP > スポーツ > Number Web > 高さ以前に、日本...
18コメント

全体が見える場所で静かに、練習を見守る。 口を開くのは2、3回あるかないか。おそらく世間が抱くであろうイメージとは真逆の姿で、全日本女子バレーボールチームの中田久美新監督は立っていた。 動の人、ではなく、静の人。だが、内側では常に炎が燃え続けている。 「昨日、叱ったんです。あまりにも普通に練習をこなしていたので。ここは戦う場所だと」 2020年...


Twitterのコメント(18)

によれば「高めるべきはAパスから攻撃に至るまでの準備のスピードと、切り返しのスピードの速さ。できるだけ速く、高さを出さずにパスを返し」でしたよね。Aパスからの決定率はどうだったのでしょう?まだ2試合ですが。
頭が古いってー。。。
「技術以前に、バレーに対する知識が足りない」の間違いでは?
責任押し付けて選手を壊している事には変わりないんだね。
メダルは到底無理。
このライターさんの書く記事、いつも深い。
中田氏はゴダイゴに似ている。そしてここでは全日本女子のバレースタイルは速さだけではないと言い切っている!
技術が足りていないことは、よくわかった。そこからのプラスが必要だ。
「昨日、叱ったんです。あまりにも普通に練習をこなしていたので。ここは戦う場所だと」
"『ゆっくりしたバレーが悪いわけじゃない。でも速いテンポのバレーもできるようになったらそれはプラスだし、ここではそういうバレーをやってほしい』"
表題の問題意識はわかるし、レセプション攻撃の率が悪いのも確かだろうが、処方箋が出鱈目。完璧を目指せと。セッターは宮下か。NECより弱くなるぞ "高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命 "
これはバレーだけど。ラグビーにも共通点、あるんじゃない??
高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命。( Web)
あのさ、それって必要な技術を教えてこなかった各カテゴリーの指導者の責任じゃないの?
なんで選手に責任押し付けてんの?
『スパイカーは相手のブロックが完成する前に攻撃準備をして打つ』←考え方がちーとも変わらんなぁ。誰が監督やっても同じだわ😵

高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命
高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命。( Web)

日本の女バスにもこーいう人が出て来て欲しいなぁ
惨敗して責任とってやめてください!
厳しそうだけど、経験と悔しさが知っているからこそハートが熱いし監督に相応しい
おー、またなんか言ってるぞ
お得意のスピードの話か?笑
以上

記事本文: 高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命。 - バレーボール - Number Web - ナンバー

関連記事

35コメント 2015-12-20 18:23 - togetter.com

「丹生」という地名は、基本的には水銀から朱を作った場所、水銀鉱床、朱を作っている技能者の棲む集落に付けられる。奈良、三重、和歌山に多く、一部は香川や京都にもあるのだけれども。でも、日本で一ヶ所だけ、それがうまく当てはまらないところがある。群馬県富岡市...[続きを読む

画像で見る主要ニュース