TOP > スポーツ > Number Web > 高校野球は、人を...

高校野球は、人を粗末に扱ってきた。野球部員の減少を実感する瞬間とは。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

13コメント 登録日時:2017-04-25 12:20 | Number Webキャッシュ

以前のコラム「2つの甲子園」には、おかげさまでたくさんの反響をいただいた。 ありがとうございましたと、心から御礼を申し上げたい。 一途にひたすら甲子園と全国制覇を目指す高校野球、もちろんよし。その一方で、一週間の7日間の何日かを野球に費やし、そのほかの何日かをほかに興味あるスポーツや趣味、勉学にもあてて、バリエーションを持った高校生活を送る、これもよし...

Twitterのコメント(13)

見出しを見て思い出した。僕も高校野球をやってたんですけど、就活でもやめないこと自体が評価される傾向がある。
筆者が「野球が一番なのに」という姿勢から動いてない批判は他の人に任せるけど。子供に野球扠せたがってたプロ野球選手が、指導現場見比べてサッカーさせる事が増えていることはもっと重く受け止めないとな。 / "高校野球は、人を粗末に扱っ…"
こんな高校野球的な、忍耐やシゴキ、常軌を逸した練習や服従、上下関係を乗り越える姿を見て感動するという文化が変わらない限り、長時間労働やパワハラ等の日本の労働環境は一向に改善しないだろう。
Numberってこういう記事も書くことに少し驚いた
昨年、女子マネージャーがグランド入りしたことで騒ぎとなり、今年の春休みの大会では、女子マネージャーがグランドに入ってOKです、としてたそうですが、だったらなんでいっそ女子選手がブレーすることの是非まで進まないのだろう、とか思った。
中学の軟式野球部員の統計を見ると、おそらく本格的に野球人口が減ってくるのはこれからなんだと思う
安倍さんの仮設は、いつも違った切り口で面白いな。さすが「流しのプルペンキャッチャー」なだけはある。
野球だけじゃなく学校部活動の仕組みは、担当教員の労働問題を含めて限界にきている気がする。部活動の良いところを残しながら、地域に開かれたスポーツクラブに変われないだろうか…
高野連発表では横ばいなのに、この人は何を言っているのかな?
私が実感した瞬間。1993年中学2年の春にJリーグ誕生、漫画スラムダンクの人気上昇で、一つ下の学年の代から野球部の入部希望者が約半数になった。今まで野球部に入ったかもしれない生徒達がサッカーとバス...
上っ面だけの真面目さなんて要らん。
宗教と変わらない、って友人が言ってたので凄い笑ったもんです。 / (Number Web)
技術の低下って相対的に下手な人がいなくなったから巧さが際立たないんじゃないかな / (Number Web)
以上

記事本文: 高校野球は、人を粗末に扱ってきた。野球部員の減少を実感する瞬間とは。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

関連記事

画像で見る主要ニュース