TOP > スポーツ > Number Web > “超スローカーブ...
31コメント

捕手に視線を送り、軽く顎を上げた。 身長168cmの小柄なエース、東海大四の西嶋亮太の「超スローカーブ」のサインだった。 0-0で迎えた7回表。1死走者なし。山形中央の6番・中村颯(はやて)への初球だった。 推定時速50kmのカーブが宙に放たれる。大きな拍手と大歓声が湧く中、しなった弓のような弧を描いたボールが、ゆっくりと捕手のミットに落ちた。...


Twitterのコメント(31)

今大会一。素晴らしい/
東海道四おしかったな(´・ω・`)
コラムタイトルをパクるんなら、山際淳司にも触れろよ 。
「西嶋が超スローカーブを練習し始めたのは2年秋。スローボールだとあれだけ大きな放物線にならないため、カーブ回転をかけてできる限り高くボールを上げた。毎日約1時間投げ込んだが、あれだけの高度を稼ぎ、かつ距離を合わせるのは容易ではなかった」
まさにスローカーブをもう一球やなー…
東海大四の西嶋くんNumberの取材も受けるとかすごすぎる、かっこよすぎる。
ほんとに甲子園で人生って変わるんだね。
あんなにドキドキしたの久しぶりだったから野球部には感謝しかない。
不運の名選手たちの中村計さんのコラム
いい投手です。この先も野球続けてほしい。
めーっちゃいい投手。
「より高く、より遅く」する為にカーブ回転で投げる練習をしていたことに脱帽する良記事。岩佐徹はこれを読んだとしても絶対に反省も撤回もしないだろうが。
08/19「山形中央の監督は賛辞を惜しまない。『技巧派という印象があるかもしれないけど、彼は速球派の投手。(...)あれはフェイク。高校生離れした投球術と精神力ですよ(...)』」山際さんの名著にニヤリ。でも読点が……。 / ""…"
ナンバー誌の良コラム。表題の元ネタの著者山際淳司が寄稿していたのも同誌だったのを思うと特別な感慨がある
SNSなどでも大きな話題となった東海大四・西嶋亮太の超スローカーブ。プロ野球、メジャーにも使い手がいる球種でもある。 身長168cmの小柄なエース、東海大四の… /
これを読んでもまだ叩けるんかねぇ? - Number Web - ナンバー
「ぼくの中では、いちばん難しいボールです」
西嶋が超スローカーブを練習し始めたのは2年秋。毎日約1時間投げ込んだ「ぼくの中ではいちばん難しいボールです」
単なるコントロールではなく、思い切りカーブの回転をかけないとあれだけのスローボールを届かせることはできないのか。やっぱ卓越した「投球術」なんだな。
numberらしい、いいタイトルだ。|
自責点0で敗戦投手きついな。
野球はチームスポーツだし。
感動した。ありがとう。
正真正銘の道産子(帯広出身)の西嶋くんが魅せてくれたナイスピッチング。ありがとう!
ストレートもスライダーも空振りを取れる素晴らしいボールで、テンポも組み立ても素晴らしかった。"@numberweb: " "
めっちゃ野球に真摯に打ち込んでたんだよな"
西嶋投手のストレートのキレ,素晴らしかったです。 "@numberweb: " "
東海大四×山形中央。このカードは今大会で一番見たかったカードだったが、所用のため結果だけ。西嶋投手、無念。。。
Number Web カツオタイプのいい投手だよね。勝ちあがれず、残念。 -
西嶋くんはすごいピッチャー/
議論を呼んだスローボール。

<「ぼくの中では、いちばん難しいボールです」 この試合は、たった1球しか魅せなかったが、西嶋の才能と努力がつまった1球だった>
これを読んでも努力で身につけた一種の投球術だと理解出来ないなら、野球の駆け引きを理解しようって気が無いのだと思いますね。
「ぼくの中では、いちばん難しいボールです」
以上

記事本文: “超スローカーブ”をもう一球。東海大四・西嶋亮太の才能と努力。(1/2) [甲子園の風] - Number Web - ナンバー

関連記事

45コメント 2012-02-27 02:46 - news020.blog13.fc2.com

コメント(444) 痛いニュース 学校, 最近の人気記事 月別の人気記事ランキング 4月  3月  2月  1月  12月  11月  10月  9月   8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  同じカテゴリの記事 【これは酷い】 撮り鉄、写真を撮るの...[続きを読む

画像で見る主要ニュース