TOP > ネタ・話題・トピック > note > もはや出版社より...

もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう|yuukee|note

62コメント 登録日時:2017-12-05 08:50 | noteキャッシュ

出版しませんか、と声をかけて頂いていろいろ聞いて分かった事がある。 いち編集者がいいと思っても、出版社の都合で出版できない事がある。それを覆すのには「フォロワー1万人くらいいるの?それなら考えるけど」だ。 (話を持って行った人は「すみませんTwitterで3000くらいです」と答えたそうだ。今は4700くらいです。個人アカじゃなくてビジネスのほう) もうほんとこれ。 大体前回私...

Twitterのコメント(62)

だいたいブコメで言われてた。とまれ執筆から宣伝、営業やって法務もやってと…版元業務全部やったら、金以前にニンゲン擦りきれるよねえ。 /
面白い。ファンを持っている人が強い時代になってきたな。信用経済。
うん、まあ、分かるけど、ちょっと同人誌の話は皮算用が過ぎるかと…。 /
電子書籍での自作小説販売、クラウドファンディングによる紙書籍化&Amazon販売を実践した人間の感想としては「同人誌を3000冊制作&完売」というのがファンタジーすぎる気がします 在庫管理や流通の視点も欠けてます / "もはや出…"
マジでもう今の出版社いらない。「もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう」
同人誌で売れる本ってジャンルが限られてくる。また仮に私がN氏と同じ知名度があって同じ手法を使っても私の本はまったく売れないだろう。なぜならそういう手法で動かされるような人はまったく対象ではないから。
農協をとおすかどうかの話に似てる /
同人誌というか個人出版って感じの話か
なるほど……フォロワー1万人いないと本を出せないのか……668人のオレは、本出せんな(笑)。あと20倍ぐらいがんばらんとダメってことか! 世の中、厳しいね。
書籍流通の価値が下がっている今、出版社と自費出版の現状を考える @yuukee13
同人誌というか自費出版の話。追記で「技術書やハウツー」対象と書かれているけど、ならば一層身動きが取りづらいので自費出版は困難な道だろう。前回の自費出版ブームって何年くらい前だったっけ? / "もはや出版社より同人誌のほうがいい時…"
#Qたろー◆ご参考に。 #蛸ゆバ / "もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう|yuukee|note"
もうほんとその通りとしか言いようがない>>
言っている事は納得できる。
ただこの人の顔が生理的に受け付けないのだ。
同人誌で数千動くっていうと売れてない趣味サークルからありえないと叩かれがちだが、ファンの多い人なら普通にあるよね。/
(ノート)
同人誌で出して売れるにはある程度の拡散力がある前提だから。あとは同人誌はニッチな本。商業誌では出せないような本とかじゃないのかな
インディペンデントとしてやるなら、低コストで最大効果を狙うのがいいんじゃないかな。紙である必要はあまりないし、エージェントを雇うことも選択肢にはいる。創作以外に追われるのは本末転倒だしね。
(ノート)  なるほど。よし、やろう! FEATHERの夢をもう一度だ! UDXで大々的に配布イベントをやってバズらせれば3000部くらい軽い軽い
(ノート)
つうか、出版社が多すぎ。本音言えば、半分くらいに減ってほしい。
同人誌だけで食べていくためには一度は商業誌で売れて顔と名前を売る必要がある、という話かしら /
出版の選択肢っていろいろあるんだなー /
「出版には出版の強みがあるから同人誌が最善ではない」と思っていたが、この度本当に仕事を理解していない出版関係者と仕事をした結果、自分でやったほうがいいと思った

…もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう|
"技術書とかハウツー本とか"短期でバカ売れする種類の本じゃないので、在庫リスク抱えたりより難しい気がするが /
音楽でも、ワザとインディーズでやる人がいるのと似てるかも。
SNSが発達したから、ファンと直で交流できるから力がある人はより稼げる。
一連のは、これに対して思ったことです。フォロワである著者さんたちにはまったく関係ない話です、お騒がせしました。/「作家、著者の力に全力でぶら下がってマージンを取っていくって、どういう寄生虫だよ!」って、すごいフレーズだよね…と。
時代は変わっていくものです。
>ただ、著者にお金がない。
>最初にかけられるお金がないのです。

それ電子出版で良くない?
実際問題電子書籍って出版社のネームバリューないと出てもせいぜい100でしょ。全然ペイできないじゃん。装丁だってプロと個人がちゃっちゃとやりましたってのじゃ全然違うし
「作家、著者の力に全力でぶら下がってマージンを取っていくって、どういう寄生虫だよ!」
…コレができればね…(゜.゜)
同感。ただ、商業出版社の問題はマネタイズだけではない。心ある編集者さんは怒るだろうけど、問題はむしろ「品質」さえ担保できなくなりつつあるところだと思う。
エロ漫画家は商業で名前売って同人で数千部売るというやり方が一般的になっているけど、普通の漫画家や小説家が同人で3000部売れるものなのかな? / "もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう|yuukee|n…"
(ノート)
同人即売会で三千部って言ったら壁サークルじゃん。同人誌を捌くには作者の相当の実績と宣伝するアピール力がないと売れないよ。
自分で3000も売れるんやったら全然ええやん自分でやれば
そっちの方が実入りも多いしいらん横槍も入らんしなんも悪いことない
いろいろ批判されてるけど、自分で3000冊売ってるなら大したもんやなあ。
引用されているツイート1つ1つは納得がいくものなんだけど行き着く先が「同人誌なり自費出版で3000部」になる理屈が全く理解できなかった /
3000部捌ける個人著者=出版社も出したくなるような著者 というのはまず間違いないよな~。小説はかなり厳しいけど本文にもあるように技術書(パッケージより中身が重要)とかは同人でも強そう。 / "もはや出版社より同人誌のほうがいい…"
だからデジタル。 "ただ、著者にお金がない。最初にかけられるお金がないのです。"
めちゃくちゃ同意。:
同人誌は校閲?してなさそうやしなぁ…
細かいところで雑さが目立つものにお金は払いたくないけど出版社でも同じなら同人誌でいいかな。
モデラー(作例製作者)さんにも、お願いしたかったりします。
固定ファンがいる絵本作家なんかは自費出版のが良い時代なんだね
漫画に関しては商業誌連載は名刺代わりになりつつあるらしいし。まあ、同人界隈の修羅道をくぐり抜けた猛者達の話だが。 /
ほんとこれ。 /
大筋はあってるけど、 同人スタイルでの3000部が壁サーなので違和感持つ人もいるんだろうな。 あと、3000部刷って捌けるまでつらいぞ。キャッシュアウトを考えろというなら、印刷代上がっても分けてリスク下げないと。 / "もはや出…"
とら店頭をみてると、オリジナル同人誌(創作エロ)が、この3年くらいで2倍とかになってるきがするんですが、理由はなんだろうと思ってる
がんばって売ろう。「作家、著者の力に全力でぶら下がってマージンを取っていくって、どういう寄生虫だよ!しかも恩着せがましく「書籍化してあげました」という感覚だ」 / "もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう…"
私は若い作家を潰すために、これと同じことを言いふらしてはいる。「どんどんブログをやれ、呟いて宣伝しろ、同人誌も作って自分を売り込め」と言って、肝心な原稿を一向にやらせず、仕事した気だけさせるのだ。 / "もはや出版社より同人誌の…"
コミケとかで上手くいってる人なら商用行くよりそのまま拡大したほうがお金になるという話? /
マンガの場合だとページ数あたりの価格は通常の市販本と同人誌ではかなり違い、同人誌の方が割高というのが現実。 /
計算上ではあるけどCtoCビジネスだから中間搾取が減るという理論はわかる。あとは売れるかどうかかな
既に同人前提でやってる人多いね。
ここでは主に紙の本の話だから初期投資がってなってるけど、Kindleにパブリッシングしたりすると個人でも出版社でも変わりなく並んでたりするからこの先はさらに厳しいのではー / "もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないです…"
"我々は誰を儲からせているのか、という視点を常に持っていないといけないのです"
"恩着せがましく「書籍化してあげました」という感覚"カドカワと合併したドワンゴにこういう感覚が芽生えていないかかなり心配 /
これは本当にねえ…。
出版しませんかと言われたら同人をやるのが得策なのかも
なるほど&ううう。
音楽業界のメジャーデビューと似てる。マイナーでCD自費出版の方が儲かるそう。売れ残りなしが一番利益残るので利益確保しやすい。但し、マーケティング力やセグメンテーション力、分析力あってこそ。って言ってました知らんけど。
うーん。漫画家や小説家が出版社なしに気軽に本を作れる未来っていいと思うけど、もともと彼らがSNSで絶大なフォロワーがいる人に限るか。なんだ、人気者限定の話しかよ
以上

記事本文: もはや出版社より同人誌のほうがいい時代じゃないですかねっていう|yuukee|note

関連記事

画像で見る主要ニュース