TOP > ネタ・話題・トピック > note > ソフトウェアの互...

ソフトウェアの互換性と僕らの"User-Agent"文字列問題|Rui Ueyama|note

42コメント 登録日時:2017-11-15 09:55 | noteキャッシュ

いろいろな環境で動くプログラムでは互換性のためにアドホックなことをしないといけないことがよくあるけど、歴史が積み重なってくると、アドホックな技の上にアドホックな技が積み上がる喜劇的な状態になることがある。こういう問題は認識するのは簡単だが直すことは誰にもできない。まさに僕がそのような体験をしたのでちょっと説明したい。 僕は仕事としてオープンソースのlldというリ...

Twitterのコメント(42)

そういうことだったのかw Reading...
Mozilla/5.0ってそういう意味だったのか。知らなんだ。
「ブラウザは今でも毎リクエストごとにほとんど無意味な"Mozilla/5.0"という文字列をサーバに送りつけているし、僕らのリンカも微妙に不自然な文字列をヘルプメッセージに含んでいる」 /
UAに「Mozilla」が入ってるのもそういうことなのか(/・ω・)
autoconfはそういう重箱の隅をつついて環境を判別するツールだから良いとして、Webサイトが未だにUser-AgentのiOSやらAndroidやらを判別するのはアーキテクチャの敗北だと思う。 / "ソフトウェアの互換性と僕…"
互換性維持は大変だなー
ぼしゅう: yet another autoconf OR conf_script_generator /
野良ビルドとか結構やってるつもりだったのに、コレは知らなかった > autoconfは最新版のリリースでも何年も前のことで
»
あった出来事に加えて切り口が斬新で読み物としてとてもおもしろい
これがリアルワールドなのでしょう
これって、自由とか民主とかを名乗るのと同じなのではなかろうか。
しんみりした。 /
整った文章で説明される、整ってない現実の話。 /
Windows 9がなくていきなり10になったのもそういう理由との噂でしたよね。 /
こういう人間臭い話は好き /
AndroidでYahoo JAPANをPCと同じ表示で見ていると映像ニュースがWindows上のブラウザに対してはFlashを使って動画を再生する。とうとうFirefoxでもFlashが使えなくなったのでこれでは困る。結局、Ma…
User-Agentはネットのトラフィックもサーバーのアクセスログも無駄に肥大化させていて辛い。でも、みんなが判定に使ってるからもう変えようがない。EdgeのUAとか見てると辛い。 /
これもまた成れ果てだよ。 /
いい加減長くなってきてるので、そろそろスッキリさせても良い気はするけど>User-Agent
現状がどんなに糞でもそれを是認してアドホックで対応、と。まあ現実は常に「正しい」よねぇ… /
面白い。読み終わった後に、実際こういう問題はどうしていけばいいんだろうなと考え込んでいた /
Easy vs. simpleのeasy側に寄せるとこういうことが起きやすそう。 /
Mozilla の次は iPhone とか Android が共通語句になりそう。実際にスマホ向けページの判定ではこの2つの単語しか見てないだろう。 /
おもしろかった /
ソフトウェアに「自己紹介」の仕様が必要ってことか、連携して動く上で。
「仁義を切る」を思い出した
autoconfのリンカの判別がそんな仕様だったとは
まるでDNAのようだなと。あと、文章読みやすい。→ "文字列問題
これは...... なるほど...... /
なるほど現実的対応 / (57 users)
User-Agent問題、技術的に正しい方じゃなくて歴史ある方が勝ってしまってつらい
おもしろい。lldは古典的なリンカでないとconfigureに伝えるためにヘルプメッセージに"GNU"を入れるようになった。ブラウザがUAに"Mozilla/5.0"を入れるようになった経緯によく似てると。 / "ソフトウェアの…"
柔軟に妥協できるって大事なことだと思う /
いい話。普通は進化してフィーチャーフラグ等で整理するんだけど(そして製品名はバグ対応のためだけに使う)、そうならない落穂的なところはどうしてもでるよね /
compatible with GNU linkers おもしろい。 で Mozilla を語るのは現代では capacity check のプロトコルになってしまっている。 / "ソフトウェアの互換性と僕ら…"
広く普及したプログラムの互換性問題について面白い経験をしたのでそれについてエッセーを書きました。
以上

記事本文: ソフトウェアの互換性と僕らの"User-Agent"文字列問題|Rui Ueyama|note

関連記事

画像で見る主要ニュース