TOP > ネタ・話題・トピック > ねとらぼ > 「今のマンガ家っ...

「今のマンガ家って売れても儲からないんですか?」 『アホガール』のヒロユキ先生に聞く、マンガの現状 (1/3) - ねとらぼ

170コメント 登録日時:2018-09-14 09:18 | ねとらぼキャッシュ

他にも「同人の方がいいってホント?」「電子書籍よりも紙の本で買ってほしいのが本音?」など聞いてみました。 (1/3)...

Twitterのコメント(170)

いろいろ参考になった  - ねとらぼ
基本紙派で電子はまあ読んでみる的な感じです、嵩張るけど紙の良さは止められない。
面白い内容で読みごたえがあった。電子書籍で本を買うのでも印税的に全然オッケーなのね
音楽業界から見ても非常に参考になります
ヘラついてる奴はちゃんと読むべき
「読者が好きな方で買ってくれたらうれしい」と作者のヒロユキ先生が言ってくれるのは嬉しいね。
コレ面白かった
これめちゃ面白かった!マンガ家必見!

・プロとしての発行部数
・同人と雑誌の両方をチャレンジするススメ
・売れるための戦略
面白かった↓
漫画で一万部なんて版元からすれば売れてないようなもの
マンガ家のリアル。ちょっと音楽業界とも通づるもんあるよね。
自分の読んでる漫画家の話だと凄く分かりやすい。赤松健氏然り。当事者じゃない話はどこにまやかしがあるか分からんからなあ。

『アホガール』の ...|ねとらぼ|MangaPicks for Android
とはいえ、ニッチの集合体がマスになるんだろうな。
まずはしっかり向き合うこと。

火のないところには、煙はたたない。
タイトル長いなおい(少し削った)。電子書籍に関しては作者だけでなく、編集・営業・取次・書店にも取材した記事が読んでみたいぞい。
「電子書籍って数字が上がってくるのが遅いようなんです。紙の場合は売上がすぐ分かるようなので」<なんで電子の方が遅いんだ… /
ふむふむ。
これは良記事。

電子書籍の売上の数字が半年に1回しか出ないって、おかしすぎるでしょ…
電子版の強みが全く活かされていないとは…
なんつうかやっぱ可能性は感じたいよな。つまんない、大変だ、思ってるようなもんじゃないって→
外からは謎だった電子書籍の印税率とかに触れてる。

そもそも電子書籍の問屋が存在していて業績伸ばしてる事自体がわけかわからない事象だったからなぁ。
電子書籍のメリットの一つが中抜きを排除したダイレクトパブリッシングだったのに。
この手の編集擁護、いい教師にあたって学生時代を過ごした人がひどい教師を非難するのをたしなめているようなものだといい加減気づいてほしい。
色んなタイプがいるといいと思うけど、今はビジネスの意識がある作家さんの方が強い気がする。
『アホガール』のヒロユキ先生のインタビュー。

漫画家さん自身が電書で売れることのメリットをきちんと話してくださっているのが、電書派の私としてはホッとするところ。
ただやっぱり、電書はまだまだ過渡期のプラットフォームなんだなあ、とも思った。
>どちらも500円で売る場合、商業は1冊50円しか得られないのに比べて、同人誌は印刷費を引いても1冊3~400円くらいは入ってきます

この発言はどうなのか。

同人って「あくまで儲けが目当てじゃない。仲間内で読むだけ」だから2次創作に対して寛容なんじゃなかったっけ。
「単行本1冊で500円として、印税10%で50万円。年間4冊出しても200万円です」…これを知っても海賊サイトでタダ読みするの?そんなのファンじゃないよ…!
いやぁ、マンガ好きには参考になるインタビューだわ
コミックギアが爆死した時はかーずさんの飲み会で見掛けても気の毒で掛ける言葉が見付からなかったな…/しかしヒロユキさんの凄いとこはそこからチャレンジを諦めずにアホガールのヒットまで到ったとこだよ。 / "「今のマンガ家って売れても…"
結構長いのに夢中になって読めた
記事が良いし話の内容も興味深い
面白かった。これぐらい前向きな方が応援しやすい。
職業として堅実にがんばろうとしてる人の話。数字や実態が生々しいけどポジティブ。
噂やネットの情報だけじゃなくて実際マンガで生活してる人の声が聞けるのは興味深かった
ヒット作あれば苦い経験もあったり、同人活動も行っている漫画家さんのインタビュー、ちゃんとロジカルに話されていて参考になる。
ヒロユキ先生がさらに好きになった。こうやって漫画家自身から実情を語ってくれるのはありがたい。
冷静な意見な感じがする。「 」
昔から同人の方が稼げる言説はあったよなーとおもう。c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...
その時々に合う「やり方」を考えることは、どんな分野にも必要なことですね。
常にアップデートしなければ・・・!
面白い記事
あんな超破茶滅茶ギャグ漫画書いてるくせに、計算し尽くす策士なのは笑う(まさかこれも計算しry)
メジャー誌連載漫画家の意見だというのが黄金時代知ってた世代からするとうすら寒いのだけど、あの時代が異常だったんだろうなぁ、とも思う

「今のマンガ家って売れても儲からないんですか?」
どんな商売でも当たり前に起こり得ること。 /
「僕は原稿料の8割以上は残るようにやっています」
源泉が2割引かれるはずなので、税金払ってないのかな?
現状をいまいち把握してない模様。だから売れてる人に訊いたってあんま意味ないんだって。もちろん売れてない人に訊いても意味ないけどw
ネガティブな情報ほど感染しやすいよね。ポジティブな情報もこうやって広まってほしいね。
つい読んでしまった。面白い。
紙が売れずに打ち切りになって、電子が売れたから再開してアニメ化したラノベもあるしね。でも紙よりも電子の集計が遅くて大ざっぱってなんでだ?電子の集計なんて1日毎だって出せるだろうに。
/ @itm_nlab
圧倒的な天才…ではない人が商業誌の漫画家として生きていくためのコツ(人気作品の二次創作同人で儲けを出すためのそれに近いけど)。もちろんこういう生き方だけが正解ではないよね /
なんてまともなインタビューなんだ…アホガールの巻末の体験談(?)漫画は「世の中ナメてたわ」的で、まさかこんなにしっかりした考え…

 『アホガール』のヒロユキ先生…
顔がブルマ。

>
別にファンではないがヒロユキ先生のサイン会には去年だけで3回は行きました。
ギャグ漫画を長年続けてるのはすごいと思う。アニメ化率も高いし。
ネタとして挙げる人がいるだろうけど、でもコミックギアで培ったものを無駄にはしてないんじゃないだろうかこの人は。という気持ちにさせられるかーずさんによるインタビュー記事。 /
いいインタビュー記事だった
なかなか興味深い話だった。変われない人は取り残される、それはどこの業界でも一緒。ちなみに、この人の漫画を読んだことは…ない /
なるほどぉ~

アホガールは良いぞ!
セルフプロデューサー的な視点,赤松健っぽいなと思ったら本当に参考にしていた。/コミックギアの話はやめてあげて……w /
とても興味深かった//
興味深い記事。
すごく前向きでいい考え方だなぁ…やっぱりしっかり作ったものでいっぱい儲けたい!
すごく常識的かつどこの自営業にも当てはまる普遍的な内容でビックリした。
電子書籍の売り上げが分かるのが半年に一度というのが最大のアレだな。馬鹿らしい話だけど、むしろ伸び代を感じる。 /
"良いところは良いって言いたいです。でも自慢っぽくなりやすいから難しいんですけどね"
"トラブルが編集者の側から語られることはないので、あまりうのみにしない方が"
アホガール描いてる人、むちゃくちゃ頭良さそうなのね・・・w /
エロコンテンツが先頭きってDMMやFC2など出版業界を介さない形態に移行してる気がする。相性がいいってのもあるんだろうが、フットワークの差なのか何なのか。
作者は全然アホじゃ無かった。と我慢できずに言ってしまった(´;ω;`)
ヒロユキ先生こんなに分析してるんだね!
同人と商業の良い点わかりやすい。
アホガールはアニメもめちゃ面白かったね。
→興味深い。
早速、アホガールを購入しました。
先生、頑張ってください!!
ねとらぼいい仕事するなぁ…
商業デビュー=全国流通
メディアミックス=メジャーリリース
に置き換えるとそのまま音楽の世界と一緒だ
"「まじでもう、マンガは売れても儲からないみたいなデマやめようぜ…。」「ツイッター見ててマンガ家に憧れなくなるのやばいよ。」"
おっそうだな、まず「コミックギア」の復活で儲けようぜ!
時代に合わせて変われる人は生き残れる。森田崇先生とか徳光康之先生みたいに。
最後に赤松健リスペクトが入る
ラブひなの読み切り描いただけあるな
赤松先生っぽい雰囲気あるな...って読んでたら実際影響受けてるってコメントしてた -
表紙の帯に「アニメ化決定」コミックは多く見かけるので、ハードルは高そうだがアニメ化による知名度向上を目指すのが売り上げに効果があるのだろうなと思ったり。

 『アホガール』のヒロユキ先生に聞く、マンガの現
なるほど。 /
うんまあなんだ、ヒロユキ組なんて徒党組んでた頃と変わってなくてため息ついたし同調してる赤松健にも少々がっかりしたなあ。本人の意図とは逆にますます商業には憧れんわこれ
色々面白い記事やった
子供の頃の夢を大人になって実現できる
素敵な職業ですよ
かなり感動した。
うーん【漫画貧乏】の事を言ってるのかな?
漫画家としてのタイプが全く違うからなぁ…佐藤秀峰みたいに『真実を描きたい、漫画だからと言ってウソはダメだ』と取材費でほとんど飛んでいくってのわかるし
学園ものみたいに取材費がほとんど要らないのと比べるのは…
昔に比べて売れなくなったというだけで、売れれば儲かるのは当然か。 /
漫画家が儲からないかどうかはともかく。売り上げ傾向が、極一部ヒット作・人気作家の寡占傾向絶賛進展中なのは事実よなあ…(´д`)/
紙と電子版と同人と、いろいろ補完しあってるんですねー😇
自分には才能がないんだと遠ざかったクチなんですが、やっぱり漫画描くのは楽しいし目指したいんだよね…
私は絵を描く人間ではないのでなんですが「ご尤も」な事が書かれてました。
個人事業主は工夫しないと儲からないというお話。
そういえばコミックギアの総括とか読んでないなあ。どっかにあるんかな。 /
ええ話やな。/
商業とかの悪い面ばかり言いふらしてる人を見ると嫌悪感しか抱かないのでこういう記事があるのはすごくいい。
いいはなし >
わかりやすい語り方って大切。
自分のマンガのどこが面白いのか、を自分で把握する、って簡単だけど難しい事だよね。 /
「 『アホガール』のヒロユキ先生に聞く、マンガの現状」 電子書籍の売上データが来るのは半年に1回というのが問題外すぎた。しかしやっぱ漫画家、自己プロデュースも楽しみにできないときつい商売なのでは?
あとでよむ・・・ちょと仮眠・・・
自分の商品の価値を抑えて戦略たてて実行してる。
別の仕事でも成功してそう。
マンガ家志望者の背中を押してくれるいい記事
ヒロユキ先生の『アホガール』もいいが『ドージンワーク』『マンガ家さんとアシスタントさんと』も面白いぞ!
最終的に行き着くのが締めの「好きなことだけで生きていきたい。」なんですよね。そのために今何をすべきか、考えましょー。
202: 海賊版サイトなど使わずキチンと金払って買おう、くらいしか言うことがないんだが.... /
マンガ離れ
そんな事はないと思うが
スーパーミラクルド正論インタビューですっきり
☆インタビューの中に出てきたCG定点観測さんお懐かしい…!私もそこで紹介されなかったら今は無かったと思うなあ
週刊マンガに近いペースの話。刊行スピードもある。 /
自称清純派は......たしかLENを買った覚えがあるな。
|

めっちゃ勉強になるやつ
ほんと、そうだよねえ。
チャネルが増えてるんだから、収入が激減することはないと思うんだよねえ。
漫画家っていいなぁ。
漫画家の頭の中を覗いた気がする。
漫画家を目指してる人、頑張れ!
コミックギアの話じゃないのか‥‥ /
ヒロユキ先生好きなのでうれしい。実物ほんとにガリガリなのね・・・ /
この人も商業アンソロで幼女がブルマ履いてる漫画ばっかり描いてたけど今はこうだモンなぁ。
僕のTLの人が気にしていることは一つしか無いと思うのでお伝えします。コミックギアの話題はありません。
漫画の業界は商業と同人を両方やる人の話は面白い。

音楽もメジャーとインディーズを同時にやってく人が増えたりするのかな。
マンガ家のリアル。工夫がないと生き残れないのはどこも同じなんですねー…
ドラマ化アニメ化映画化キャラクターグッズ等々漫画は原作の再利用で大儲けできるイメージしかないなw
昔より絶対に儲かってると思う。
9割も印税とっておいてマトモに電子書籍周り整備出来ない出版社なんなの /
(一万部売れたとして)「単行本1冊で500円として、印税10%で50万円。年間4冊出しても200万円」

うーんサラリーマンやって400万稼ぐ方が簡単だった(凡人並感)
こういう、ポジティブな視点での記事もいいよね。さすがかーずさん。恨みつらみだけの情報だけだとバイアスかかっちゃうから、バランス取って物事を見て判断していきたい。プロ意識は何事も重要よね。 / "「今のマンガ家って売れても儲からな…"
自分の見立てと概ね合致。
あと、一番売れてた90年代にデビューした層が食いっぱぐれてるのは音楽界に似た構図だなー、と。
"紙の部数が落ちているのは事実です。でも自分のケースでは初版の部数が「10」とすれば、電子が「5」くらい売り上げているんです。その「5」を乗せれば、入ってくるお金はそこまで減っているとは感じていません。" / "「今のマンガ家っ…"
あ、コミックギアの人だ。 /
「なぜ商業漫画家なのに「同人誌を描く」のか」
「ページ単価としては圧倒的に同人誌の方が実入りがいいから」
"僕は赤松健先生が好きで(公式サイトの)「日記帳」を毎日見ていました。赤松先生こそ企画やビジネス的な思考をお持ちで、そこが僕には響きました。" /
web対策・デジタルマーケティングが必要なのはクリエイターに共通する
なんでこの人誰も言ってない「売れても儲からない」なんて話にすり替えてんだろ(´・ω・)ブラよろの作者すら「売れても儲からない」とは言ってないのに
こういう話、Twitter見てるだけじゃなかなか目につかない。読めてよかった。

マンガに限らずな話も多い
だいぶぶっちゃけていると思います。漫画に対して色眼鏡をかけずに見られる方ならお勧めの記事。
かーずSPのインターネット回顧録(番外編 
"同人はすごく勉強になります。目の前にお客さんがいて、反応があるかないかが露骨に判明します。
 それが商業誌で連載を取るときに自分の中で判定基準ができるのが強い"

ホントこれなので企画となろうの両輪は良いことなのかも
おもしろかった。
クリエイターの生存戦略は音楽関係でも一緒だ。
これはいい話。プロの同人活動なんて欧米じゃ認められる気がしない。あと「アホガール」も「マンガ家さんとアシスタントさんと」もアニメ化が原作の売上に貢献したんだろうな。「面白い漫画は読まれれば売れる」 / "「今のマンガ家って売れて…"
面白かった / reading
漫画は儲からないと言われてビビってる漫画家志望者の人達に読んで欲しい。
『アホガール』のヒロユキ先生に聞く、マンガの現状(8コメント) :   マンガが売れない、初版が減少している、漫画村騒動……マンガ業界に関するネガティブな話題がSNSを中心に目立…
マンガ家として成功するルートは確実に増えてると思う。気になるとこをしっかり答えてくれてて、良いインタビュー記事だね /
最近の漫画業界にモヤモヤしている人をスッキリさせてくれるような、いい記事 @スカル
電子書籍1巻無料は結構良い宣伝になるみたいだね。書かれてる通り紙じゃ1巻無料配るわけにもいかんし。/編集者の話は大抵漫画家がするからバイアスかかるのもその通りだよなあ。ファンも漫画家応援するだろうし。 / "「今のマンガ家って売…"
それでも、なりたくてなれるような食ではなさそうだよね。だからこそすごいし、卑屈になる人も出る。
面白かった。電子書籍の一巻を無料にしてほしいってのはある。でないと買うとっかかりが
これってとても良いことだと思う。 もちろんそうなる人は少ないってのはあるんだろうけど。
『たくさん描いていくと良いことがある時代になっています。』
>今のマンガ家って売れても儲からないんですか?」
供給側の間口は確実に広がっているのだから競争が激しくなるのは必然だよね。足りない部分は自分にマッチした市場(同人)へアプローチするか、新たな市場にマッチするものを供給するかで補うしか無い。 / "「今のマンガ家って売れても儲から…"
ゲンロンひらめき☆マンガ教室のゲスト講師でもあるヒロユキ先生のインタビュー。明快にしてめいせきですね。来年のゲスト講義回がとても楽しみです!(Pは不在なのですが)
ネットの風潮とか、影響される部分の事は凄く納得した。
同人の時はfateのギルガメッシュの裸やブルマばっかり描いていた人だったのに…
インタビュー同席してたけど、ヒロユキ先生のプロデューサー視点に感心してばかりだった。赤松健先生の影響が強いと聞いた時は「なるほど!」と

@itm_nlab
とても興味深い。うなづきながら読んじゃった。
漫画業界のネガティブな話ばかりがネットで拡散されると新しく目指す人が減って、面白い漫画が世の中から消えていく。
それは嫌なので、成功してるヒロユキ先生に、その工夫を伺いました。若い人が漫画家を目指せる、希望のある楽しい仕事である事が伝われば嬉しいです
漫画家さんからだから説得力あるし、ビジネス視線で語られている面もあって新鮮に読めました◎
俺は紙の本派だから、普通に買ってるんだけどなぁ
なんかすごい良記事だった
良かった~、漫画家が収入的にも夢のある職業になってもらわないと、作品が減って読者
視野の広く興味深い内容でした。今まさに過渡期なんですね。
すごくいい記事
以上

記事本文: 「今のマンガ家って売れても儲からないんですか?」 『アホガール』のヒロユキ先生に聞く、マンガの現状 (1/3) - ねとらぼ

関連記事