TOP > ネタ・話題・トピック > ねとらぼ > 美術館で話題の“...
20コメント

完成したトートバックを見上げる、例の黒猫。近所の飼い猫なのでその後も普通に来るそうです トートバックでは、美術館に侵入しようとする黒猫を国芳「東海道五十三対」の大きな化け猫のように描いています。開催中の「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」で国芳の浮世絵を展示しているほか、館の入り口に巨大な猫のオブジェを設置しているのにちなんだイラストとのこと。横では警備員が猫を制し、下には「Let m...


Twitterのコメント(20)

尾道行きたいなあ。広島いいなあ。
かみちゅ!とか、この世界の片隅にとか、ヤマトとかしまなみ海道とか色々
歌川さんの展示行きたいと思ってたところに、Mさまからお知らせが来た。
@hahaguma @jamsand @HuffPostJapan どうせなら、これくらい洒落た例を紹介してほしい。
かわいい(*´ェ`*)ポッ
通販ないのがとっても残念…遠い。
うわあ、めっちゃいいな。

……尾道行きてぇ(´;ω;`)
これはこれでかわいいが リアルな方でもよかったのではという気がしないでもない
でざいんや実物に加えて鞄かけまでかわいいにゃぁ・・・ (・ω【みかん
あー、行きたいなぁ〜
トートバッグでかいね。カラー印刷だし1500円安くない?
↓ 欲しい。3月末にバズったツイートがスタッフによってデザイン→4月半ばには商品化。早い!
このトート欲しい・・・
相変わらず、唐草模様の手ぬぐいが可愛い。
美術館の警備員さんが、猫を来館阻止する攻防がツイッターで話題になったからトートバック作って売られるって、美術館広報さん良い仕事しすぎでは…かわいい〜〜💕
面白い話w 美術館スタッフいいなw
かわいい。しかし、流石に尾道は遠すぎるな。行ってみたくはあるけど。
ぐぬぬ…尾道…---
黒猫ちゃんは飼い猫だったんだ。こういう遊び心いいですね・・・!
開発経緯も取材したにゃご
以上

記事本文: 美術館で話題の“猫と警備員の攻防”、トートバックになる 浮世絵風の化け猫に変身 - ねとらぼ

関連記事

33コメント 2017-03-24 12:39 - nlab.itmedia.co.jp

「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」にて、黒猫が侵入を試みる事案が発生した広島県の尾道市立美術館(関連記事)。数万RTを超えるなど大きな話題となったニャンニャン事案ですが、同美術館のTwitterを見ると黒猫側は今も諦めていないもよう。まだまだ現場では緊迫した状況が続いているようですが、そもそもこの猫はどこからやってきたのでしょうか。美術館に話を聞いてみました。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース