TOP > ネタ・話題・トピック > ねとらぼ > 「バナナの皮はな...

「バナナの皮はなぜ滑るか」で日本の研究者がイグ・ノーベル賞受賞 - ねとらぼ

20コメント 登録日時:2014-09-19 13:32 | ねとらぼキャッシュ

ほかにもシロクマに変装した人間に対するトナカイの反応についての研究に北極科学賞が。...

Twitterのコメント(20)

面白いね^^「夜型人間は朝型人間より・・・」も興味深い。
メチ○ハイ思い出したw
「バナナの皮はなぜ滑るか」で日本の研究者がイグ・ノーベル賞受賞。物理学賞。北里大学の馬渕清資教授らの研究。床に落ちたバナナの皮を踏んだときの摩擦係数を測定。バナナの皮の内側のゲル状の物質が、踏まれるとゾル状になって滑りやすくなるとか。
なんでも本気でやれば結果はついてくるものですね。→
毎年イグノーベル賞は楽しみですw
今年も日本から出たなwww。
相変わらず日本人が受賞してるんですねこの賞w →
おおおー :
「夜型人間は朝型人間より自画自賛的で人を操るのがうまいという研究に心理学賞」が気になるんだが
この人元々人工関節のスムーズな動きの為にバナナの皮が何故滑るか研究してた人なのでドール沼球体関節クラスタの人はもっと注目しても良いかも。
夜型人間は朝型人間より自画自賛的で人を操るのがうまいの研究が非常に気になる
ゾル状というなぞの状態について
北極科学賞wwwwww
むしろまだ判明してなかったのかと。「バナナの皮の内側のゲル状の物質が、踏まれてつぶれるとゾル状になって滑りやすくなる」らしい /
旬ネタ|ねとらぼ さんから
天才かよ…
≫夜型人間は朝型人間より自画自賛的で人を操るのがうまい
へ~
「夜型人間は朝型人間より自画自賛的で人を操るのがうまいという研究」もとても気になる
以上

記事本文: 「バナナの皮はなぜ滑るか」で日本の研究者がイグ・ノーベル賞受賞 - ねとらぼ

関連記事

画像で見る主要ニュース