TOP > ニュース総合 > テレビ朝日 > 国内で大発見 全...

国内で大発見 全長8メートルの恐竜全身骨格

登録日時 : 2017-04-28 07:14 | 掲載サイト : テレビ朝日キャッシュ
16コメント

北海道で世界的にも珍しい恐竜の全身骨格が公開されました。国内最大ということです。 化石は全長8メートルにも及ぶ恐竜の全身骨格で、北海道むかわ町で見つかりました。7200万年前の白亜紀後期に生息した「ハドロサウルス科」とみられています。北海道大学の研究チームにより、2013年から本格的な発掘作業が進められてきました。白亜紀後期の恐竜の全身骨格が発見されたのは国内初で、世界的にもこの種では3例目という...


Twitterのコメント(16)

わ、すごい!恐竜展とか好きだったな。最近あまり聞かないけど、やってるのかな?
しゅごい!観に行きたい!
おおおおお!!!息子に知らせねば。
おおお!
21世紀い。まだまだ発見されるんだなあ。わくわく。
復元立像が巡回展示される日が来る事を楽しみに待つとしよう。→ テレ朝|
なんとなんと。/
北海道は福井と並ぶ日本有数の恐竜化石王国ときいてたけど遂に北海道でも完全に近いものが見つかったか…!
7200万年前の骨が残ってるんだから、すごいよなぁ。この恐竜もまさか7200万年後の未来に発掘されるとは想像だにしなかっただろう!
テレビ朝日 もちろん動画あります。
以上

記事本文: 国内で大発見 全長8メートルの恐竜全身骨格

関連記事

27コメント 2012-10-07 08:19 - news.2chblog.jp

【モスクワAFP=時事】ロシア北部タイミル半島に住む少年(11)が、約3万年前のものとみられる マンモスの死骸を発見した。保存状態が良く、専門家は「世紀のマンモスだ」と話している。 マンモスが見つかったのは北極海に流れ込むエニセイ川の土手。8月下旬、付近を散歩していた少年が 不快な臭いと永久凍土から突き出ていたマンモスのかかとに気付いた。 通報を受...[続きを読む

画像で見る主要ニュース