TOP > ニュース総合 > マイナビニュース > 深海熱水噴出孔周...

深海熱水噴出孔周辺の海底面で発電現象が自然発生 - JAMSTECと理研 | マイナビニュース

13コメント 登録日時:2017-05-01 16:42 | マイナビニュースキャッシュ

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と理化学研究所(理研)は4月28日、深海熱水噴出域の海底面で発電現象が自然発生していることを明らかにしたと発表した。 同成果は、JAMSTEC海底資源研究開発センター 山本正浩研究員、理化学研究所 環境資源科学研究センター 中村龍平チームリーダーらの研究グループによるもので、5月10日付けのドイツ科学誌「Angewandte Chemie Inter...

Twitterのコメント(13)

面白い。線を繋げて電気を取れたらいいのにw そんなに大量ではないのかな。 >
深海の生態系や生命誕生への糸口に、から一気に地球外生命探査の話に飛んだ。実社会への応用に関する記載も欲しかった→
| テクノロジー | マイナビニュース
>活動的な海底熱水噴出孔では、海底下の熱水から海底面への海水への硫化鉱物を介した電子の伝達による電流発生が、広い範囲で自発的に生じていることが示された
:
「深海熱水噴出孔周辺の海底面で発電現象が自然発生」
なんかSFのネタに使えそうな気がするけど、今のところ何も思いつかない。
"海底に電気をエネルギー源にする生態系が拡がっている可能性や、大昔の地球の深海熱水噴出孔において電気の力で生命が誕生した可能性"そういう話だったのか /
お得そうなにおいがする。。。。
自分メモ
この記事はプレスリリース文の要約っぽいなあ。
「なぜ、この研究が生命の誕生の可能性や地球外生命探査法の開発に繋がるのか?」とワイなら追求したくなるな(棒)。
【   - JAMSTECと理研】 天然の燃料電池か。すげえな。わくわくするな!
海底熱水噴出孔では、金属イオンと、電子を放出しやすいガスを大量に含む熱水が放出されており、"天然の燃料電池"として電流を発生させている、のだそうです。
うは。トーマス・ゴールドの石油無機起源説を彷彿とさせる面白仮説だー。鉱物イオンが豊富に供給されてて電流を形成してますよってことかな。
「活動的な海底熱水噴出孔では、海底下の熱水から海底面への海水への硫化鉱物を介した電子の伝達による電流発生が広い範囲で自発的に生じている」
以上

記事本文: 深海熱水噴出孔周辺の海底面で発電現象が自然発生 - JAMSTECと理研 | マイナビニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース