TOP > ニュース総合 > マイナビニュース > 世界最速75フェ...

世界最速75フェムト秒で水を10万℃まで昇温、特異な相変化を観察 | マイナビニュース

19コメント 登録日時:2018-05-28 20:29 | マイナビニュースキャッシュ

ドイツ電子シンクロトロン(DESY)自由電子レーザー科学センター、スウェーデンのウプサラ大学などの研究チームは、X線レーザーを用いて75フェムト秒未満という極めて短い時間で水を常温から10万℃まで急速昇温させる実験に成功したと発表した。研究論文は「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された。...

Twitterのコメント(19)

内容がほとんど理解できてないorz
スゴいのだけはわかるけど
純粋水爆が作れるようになるのかな。
おもしろい
一般ニュースでフェムトを見た
エネルギーの釣り合いどうなんてっんのかなと思ったけどやっぱり馬鹿デカい設備が必要っぽい /
「わずか 75フェムト秒で10万℃まで昇温する。ではそのプロセスを見てみよう」なんか宇宙刑事ぽいw →
こういうのってエネルギー生成とかには使えないのだろうか。「超高強度のX線を極めて短時間だけ照射」とあるので使うエネルギーが莫大すぎるのだろうか。 /
よくわからないがすごい /
プラズマ化したらもう水じゃねーだろ。何の意味があるのか /
電子を弾き飛ばす
沸騰石いるやん!!
75フェムト秒…
なんというか、速すぎるので水っぽいという話であって、多分維持出来るのもその単位だと思うよ。 / ##|ω・)_……
液体の水からプラズマへの相転移

地震や噴火の原因?
マンガレベルだな
X線レーザーによる水の急速昇温実験。プラズマ(電子が原子と分離)なのに、密度は液体の水のままという特異な状態になるのだそうです。
これによって何が出来るのかイマイチ分からんけど(発電とか?)、「ドイツ電子シンクロトロン(DESY)自由電子レーザー科学センター」がすでにすげぇかっちょいい
以上

記事本文: 世界最速75フェムト秒で水を10万℃まで昇温、特異な相変化を観察 | マイナビニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース