TOP > ニュース総合 > news.livedoor.com > 高須院長が「レー...

高須院長が「レーシック手術」をお薦めしない理由を語る - ライブドアニュース

24コメント 登録日時:2015-03-22 17:35 | news.livedoor.comキャッシュ

高須克弥氏が、レーシック手術のリスクについて語っている。まだ技術が完成されておらず、ハイリスクローリターンな手術なのだと説明。眼鏡やコンタクトで事足りるなら、手術を焦ることはないと助言している...

Twitterのコメント(24)

角膜を削っても、時間が経つと再生する??レーシック前に戻ってくれたらどんなにいいか、、
「レーシックを勧めている有名な眼科のお医者さんが、眼鏡を掛けてたんだよ! 」それなあ笑→
高須院長(整形サイボーグ)もメガネかけてるでしょ
レーシック、ハイリスク・ローリターンなんだな。

・角膜を削る手術であること
・角膜を削るのに失敗したら移植しかなくなる
・角膜が再生すると効果が薄れる
レーシック手術いいなと思って色々調べたら、高須院長のお薦めしない理由を読んで、やっぱりやらないほうがいいんだなと思った。
どんな手術にもリスクがあり、流されて受けるべきじゃないということかな。自分でメリットとリスクをしっかり考えて受けるべき。(´・ω・`)
高須院長 「もし手術に失敗して角膜が壊れちゃったら最後、移植するしかない。(中略)まだまだレーシックは、技術として決して完成されたものではないんだよ。」 →
>高須院長は最先端の新技術を自分の体で試す人だからです。
マジですか……( ゚д゚) この人が成功したのも、なんか納得だわ。
高須院長、好きだわ。
いつもはっきりしてる。
まぁ、医者がやらない手術だからね。。。
あほくさい >
またレーシックのネガキャンか。
「もし手術に失敗して角膜が壊れちゃったら最後、移植するしかない。あと、角膜を削っても、治癒力で時間が経つと角膜は再生しちゃうわけ。」と高須院長。なるほど。
アホボン。チョットプロっぽいこと言うね^_^
やけどそれ、10年くらい前の知見やで笑
ほなあとどれくらい、何のデータがあったら判断できる?
寿命終わるで笑⇨
■レーシック手術のデメリット3つ
・角膜を削る手術であること
・角膜を削るのに失敗したら移植しかなくなる
・角膜が再生すると効果が薄れる
livedoor NEWS - 主要トピックス:
ざっくり言うと 高須克弥氏が、レーシック手術のリスクについて語っている まだ技術が完成されておらず、ハ.. -
まだまだ発展途上の技術だとはよく聞きますね。
レンズを入れる手術の方がまだ歴史があるそうです。
さすがに他人の顔面をさんざんいじってるだけあって無用な手術は不要って断言出来るんですね!
俺も高須院長がレーシックするの待つ! /
それとも眼鏡?: 視力を矯正することができる「レーシック手術」というものがありますね。裸眼で視力が回復するというので、眼鏡のような煩わしさがなく、「受けてみようかな」と思う人も...
以上

記事本文: 高須院長が「レーシック手術」をお薦めしない理由を語る - ライブドアニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース