TOP > エンタメ > 電ファミ記事置き場 > 【田中圭一連載:...

【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。永遠のゲーム少年・桜井政博が発見したゲームの方程式【若ゲのいたり】

59コメント 登録日時:2017-11-30 11:46 | 電ファミ記事置き場キャッシュ

1980~1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり~ゲームクリエイターの青春~』。第6回は、1992年4月27日にゲームボーイ用ソフトとして登場し、2017年に25周年を迎えた『星のカービィ』の生みの親・...

Twitterのコメント(59)

これゲーム情報力学じゃん!競技色の薄いゲームでも成り立つんか・・
桜井政博が発見したゲームの方程式【若ゲのいたり】
若ゲのいたりの星のカービィ回、おすすめ。
こういうのめっちゃ好きw
最高の記事。
めちゃめちゃいい記事だったからぜひともみんな読んでほしか
これ思い出した。
カービィやスマブラを作ったゲームクリエイターの
桜井正博さんも
ゲーム性について
リスクを冒してリターンを得る
これがゲームの本質
と語ってらっしゃいます
詳しくは田中圭一さんが描く若ゲの至りをお読みください
何度でもツイートしたい
この連載でマリオRPG出ないかな…

【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。【若ゲのいたり】 @denfaminicogame
桜井さんのリスクリターンシステムは新パルテナで完成した感あるね
次回は正月2日。初音ミク特集。Watさん登場
【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】 次回は初音ミク。バーチャルYoutuberがキテる時期にいいタイミングですね。
すげぇ。ゲームの面白さの真髄ってココなんだろうなー。
うむ 桜井氏はリスク&リターンがゲームコンテンツだと考えたのね 私とは少し違うな いや、否定がしたいわけじゃないけど 私はコール&レスポンスだと思って言える
更新されてたの忘れてた
桜井さんは本当にロジカルでゲーム愛があるなあ… / 次回のミクも楽しみ / "【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。永遠のゲーム少年・桜井政博が発見したゲームの方程…"
ソラメモ。
今のマリオオデッセイもリスクとリターンの連続でとても面白い!
違うゲームの話なのに2話連続で登場する故・岩田聡氏とその手腕の見事さ。
任天堂系における彼の偉大さと、本当におしい人をなくしたという残念さが蘇る。

【田中圭一】永遠のゲーム少年・桜井政博が発見したゲームの方程式【若ゲのいたり】
桜井さんの話と次回予告を見てくれ…次回予告これやばくね…?初音ミクちゃんの生みの親のインタビューとか絶対見たいよね…?1月2日公開予定だとさ…見ようぜ
あー、ガルフォースやりたい
この桜井さんの記事にはゲームの面白さの(≒ゲーム性)にはリスクの先にリターンがある快感が面白さに繋がるという。敵に近づけば攻撃を当てやすくなるが、自分も当たりやすくなる...といった風な。
ただソシャゲはリスクが金だからクソ。
桜井さんと岩田さんのくだり泣ける…!!!
ゲーム性=リスクとリターン。 /
桜井さんが来た。
リスクとリターンのバランス…!
マンガ版桜井さん……! かわいいぜ(*´Д`*)ハァハァ / "【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。永遠のゲーム少年・桜井政博が発見したゲームの方程式【若ゲのいた…"
ほえー……桜井さんすばらしい……!
桜井さんの記事が話題になっていたから読んでみたが、
僕の感想は最後までこれだった。
カービィ本当に楽しかった、ゲームっていうのがわかってきた時期で自分の操作でちゃんとクリアできて記憶に残る作品だった。あとリスクの話面白かったな…サバイバルゲームもリスクの取合いのようなきがする? / "【田中圭一連載:カービィ・…"
スマブラやりたくなってきた
言われて見れば確かに!その視点はなかった!
@namco_jp 丁度本日11/30に記事が発表されましたが、リツイートとかしないのかなー?なんて思ったり
桜井政博さんすげぇな…
桜井さん、かわいすぎでは。 /
watさん電ファミの取材受けるんかー、楽しみやわ
カービィの由来がキングコング訴訟のときのカービィ弁護士である説はどうなったのだろう? / "【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。永遠のゲーム少年・桜井政博が発見し…"
ほら、へいへい櫻井さんだぞ
おもしろかった…
本編も読み応えがあったが「次回予告」のふたコマ目で「初音ミク」が大人気なことの意味が一瞬で分かってしまった。その表現の素晴らしさに泣きそうになった。
ガルフォース懐かしい。そういえばゲーム出てたっけ。/
面白かったのでURLをメモ
目新しい話はなくて少し残念 /
次回が気になり過ぎる(;・∀・) -
桜井さん凄いよなぁ。
やっぱり、桜井さんと岩田さんがいてこそ「カービィ」と「スマブラ」は誕生したんだと思う。
色々、意見はあるとしても、僕は...そう思いたい。
そして、ここでもちらつくHAL研と岩田社長の影。僕にとってHAL研とはPCG-700を世に出してくれた偉大なメーカでした。
自分がマンガにされるって、思ったよりもハズカシイ……。
カワイイ感じに描いてくださってありがとうございます!
なお、これには連動したおまけがありまして、(続)
以上

記事本文: 【田中圭一連載:カービィ・スマブラ編】4歳でゲームに感動、バイト代で研究の日々…そしてカービィ誕生へ。永遠のゲーム少年・桜井政博が発見したゲームの方程式【若ゲのいたり】

関連記事