トキソプラズマが人の脳を操る仕組み | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

チェコの進化生物学者ヤロスラフ・フレグル(JaroslavFlegr)氏は、大胆な主張によってここ1年ほどメディアの注目を集めている。トキソプラズマというありふれた寄生虫が、われわれの脳を“コントロール”しているというのだ。...

Twitterのコメント(22)

精神病と寄生虫

代謝異常と細菌と寄生虫は何の病気でも絡む

念のため一度駆除した方がいいのかもしれんね

しかし寄生虫は宿主を操るので駆除する行動は取れないかもしれない

寄生虫にも知能があるのでは?

仕組みが高度過ぎる

ET ED/AIと関係は?

共通してるんだよね
これ見たときはすげえって思った。
猫から感染るトキソプラズマで恐怖心が薄れて起業しやすくなる…的な研究があったから、嘘だろ?と思って調べた。

「ネズミに感染させ、猫への恐怖心を薄れさせ、捕食しやすくするため」

猫、こっわ笑
こりゃすでに感染してるかな。ネコの下のお世話もしてるし。
「トキソプラズマに感染した人は交通事故に遭う確率が2倍以上高まるが、これはトキソプラズマが反応時間を遅くするためだとフレグル氏は考えている」。
トキソプラズマが脳を支配して交通事故や統合失調症にまで関係していくとなると、凄いな…
「キソプラズマに感染した人は交通事故に遭う確率が2倍以上高まる」やべー /
これ、僕も寄生されたんちゃうかな。2年くらい前に…。
自殺願望もかぁ…
「人間ならざるもの」の人間への影響って面白い。乗り物の気持ちまで操作できてしまうんだね。
例のトキソプラズマネタ。彼らは人間の体内で何をしているのか。 /
@sasakitoshinao トキソプラズは、感染したネズミはネコを恐れなくなり、終宿主のネコに食べられ易くなるという、幻術的な魅惑がありますね。
効果自体はベンゾジアゼピン系と変わらないのがミソ
ボールは友達!と顔面からアタリにいってた世界的に有名なサッカープレイヤーはもうトキソプラズマに操られてたのかもしれない /
銃夢的話題。人間存在は記憶情報の影にすぎず…
"そしてここからが肝心な点だ。統合失調症など多くの精神障害では、一般にGABAの機能の乱れが観察される。そしてGABAの量が増えることは「恐怖感や不安感の低下に関連付けられている」とバラガン氏は述べている" / "トキソプラズマ…"
"反応時間が遅くなる、無気力になる、危険を恐れなくなる"
あれ、まさかオレも感染者なのか
参考。正直面白い>
どこまでが自由意志か?とか考えだすと面白いよね。人間はホルモンの乗り物ではないのかとか /
koeeee→◇トキソプラズマは巧みな戦略をとることで知られ、ネコからネコへ感染するのにネズミを媒介とし、寄生したネズミの行動を変化させてネコに食べられやすくすることで新たな宿主に乗り移る / "トキソプラズマが人の脳を操る仕組…"
以上

記事本文: トキソプラズマが人の脳を操る仕組み | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース