第4回 「甘い飲み物は体に悪い」のウソ?ホント? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

加糖飲料、人工甘味料入りのダイエット飲料、フルーツジュースには、糖尿病のリスクがどのぐらいあるのだろうか。英国が「砂糖税」を導入する根拠にした今村さんの研究について、その手法と結果を解説してもらおう。...

Twitterのコメント(19)

「議論に役立ちそうな研究を抽出する系統的レビュー(システマティック・レビュー)が行われ、複数の研究を統合して分析するメタアナリシスへと続く」
砂糖入り飲料のせいで体を悪くしてる人がいる。
ということを科学的に突き止めるのが大変で、科学的に見える偽情報を捏造するのは超簡単。みたいな内容。
たまに聞くメタアナリシスの説明が分かりやすくてよかった >
メタアナリシスの出版バイアスの調整は以前からその妥当性に疑問を持っていたのですが、その解決策として前向きのメタアナリシスという凄まじい研究手法があるんですねw |
"まず、加糖飲料を毎日コップ1杯ほど摂取している人はしていない人と比べて糖尿病罹患リスクが10%ほど高い。そして、ダイエット飲料やフルーツジュースは悪いとは言えない"
加糖飲料もダイエット飲料みたいに太った人の摂取が多いとかないのかなと思った。論文もそのうち確認するつもり。
今回も面白かったです。少しでも自分の身に付いて、自分が論文を探したり、読むときに使えればいいのですが。ここまで深く掘り下げて軽率を防いで気を配ることはできないかも。 /

わかりやすい~(◎ ◎)
これはとても興味深いわ
"出版バイアス"ということば、初めて聞いた
「太っている人ほど人工甘味料のダイエットコークなどのダイエット飲料を飲んでいる傾向」確かに、数値とグラフでだまされるな私は。勘違して人口甘味料にドヤる人もいると
研究室に行ってみた。ケンブリッジ大学 栄養疫学 今村文昭
例のベストセラーかな。"「加糖飲料はもちろん、フルーツジュースも有害だと科学的に示された!」と述べているサイトが見つかる。中には今村さんの研究を根拠にしているものもある。" /
/
キャベツ枕を思い出す。
"出版バイアスへの対処方法があるとなると喜ばしいように思われるかもしれませんが、私はそれほど信用していません。すべての論文が一様に「出版バイアス」の影響を受けているとしたら、『ごっそり欠けている領域』を判断することがそもそも不可能ですから"
エビデンスレベルという考え方を知った。こういう視点で解かれる話は説得力があるし、面白い! ひとつの記事を即、鵜呑みにするのではなく、冷静に捉えることを心がけたくなった👍
(栄養疫学や成人の疾患は私は弱いので)フルーツジュースと糖尿病のリスクの点はとても勉強になりました。一読をお勧めします。
やっとメタアナリシスの話題に入れます。そもそもメタアナリシスや系統的レビューってなに?ってこころからやります── 栄養疫学今村文昭 聞き手川端裕人| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
以上

記事本文: 第4回 「甘い飲み物は体に悪い」のウソ?ホント? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事