保存か? 解体か? 名建築「中銀カプセルタワー」の内部写真21点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

1972年に建設された故・黒川紀章氏の傑作「中銀カプセルタワービル」は、日本の戦後の好景気を象徴する存在だった。しかし今、その未来に暗雲が垂れ込めている。...

Twitterのコメント(20)

ガス管か壊れてお湯が出ない・丸い窓が開かないので湿度が高いなどの居住性に難があるため家賃5万5千円/月らしい。45年を経てもその魅力に惹かれるレトロフューチャー感 / ・建築
中銀カプセルタワーは、壮大な実験の失敗例と解されるかもしれないが、近代建築の遺産のひとつとして捉えつつ、都市の持続可能性を考える上でそのコンセプトから学ぶものは、少なくないようにも思われる。
利用形態が時の流れに耐えられない建築は原則保存価値無いな。カプセルタワーについてはネタ以上のものではない。/
懐かしい未来だ
「日本では、現代建築の保存があまり重視されていません」とミナミ氏は話す。「経済発展のために解体するというお決まりのやり方ではなく、そこに存在させ続けることが重要なのです」/保存か?解体か?
ムカシは住んでみたいと思ったけど、今はちょっとね。


名建築「中銀カプセルタワー」の内部写真21点
移築してでも残して欲しい(移築はしやすいよね?)
高校時代、ここに住むのにめっちゃ憧れてたな〜。
コレ解体しようって考えすら
普通でてこねーわ
かっこいいから解体されたら寂しいけどなー
宇宙ステーションって、こんなかなぁ。
ここ一度見に行かないとなー
壊さない方がいいけど、立地が悪いんだよな。
銀座のカプセルタワー、残すにも「老朽化之修繕費用どうするんだよ」ってなるしもう解体でいいとは思う >
:コンセプトを継承する何か新しいのは建てられんのか(お前コスト度外視で吐いてるよね
カッコいい~>>
以前このビルの近所で働いてたけどその頃から建て替え議論してますね お金があれば一個借りたい
ナショナル ジオグラフィック日本版 -
これは気になる!
ナショジオの中銀カプセルタワーの記事、日本語版も公開されました。
以上

記事本文: 保存か? 解体か? 名建築「中銀カプセルタワー」の内部写真21点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース