ヒヒを狩り始めたリカオン、衝撃の光景と苦闘 写真12点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

リカオンに魅せられた博物学者が撮影した素晴らしい写真を紹介。リカオンが霊長類を食べ始めた証拠もカメラに収められている。...

Twitterのコメント(15)

これはすごい面白い記事。
こういうのを数千年~1億年単位とかで見ると生物の進化になるんだろうな
読むだけでハラハラする。
この語り口、好きなのよね。
ヒヒって増加傾向なんか
たまらん!おサルの死骸が写ってるので注意だよ
"1世紀以上にわたって害獣と見なされ、狩猟や駆除によって、個体数がかつての1%まで激減した。"・・・米国のアカオオカミ並みにひでえ話だ。(今もアメリカアカオオカミは絶滅危惧種)
リカオンが絶滅危機というのも驚きだが、ヒヒの数が増えているのも興味深い。新たな脅威にも対応しているし、「アフターマン」で人新世以降も生き延びる生物種の一つに選ばれたのも納得
閲覧注意だけど良い記事。
ナショナルジオグラフィック🚀
絶滅寸前になっているとは知らなかった。:
ヒヒにとってはとんだ災難かもしれないけど、ここからどんな生態系が形成されるかが楽しみでしかない
リカオン存続の新たな糸口になってくれることを祈っている
人類よりはるかに個体数が少なくなった動物たち。人間に危害や被害を及ぼせば、全て害獣に分別され容赦なく淘汰される。人類さえ生き残れれば他の生命はどうなってもいい、その冷酷さの刃は、最後には人類自身に向く
>リカオンの狩りには思いやりを感じる。
本当にあるかどうかともかく感じるのは自由やからな
以上

記事本文: ヒヒを狩り始めたリカオン、衝撃の光景と苦闘 写真12点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事