北極の氷の下、この世のものと思えない神秘の生物たち、写真12点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

クリオネ、ワレカラ、ヒトデなど、氷点下の幻想的な海に暮らす生きものたちを写真家のビクトル・リャグシュキン氏が撮影した。...

Twitterのコメント(10)

「あるときには、海中に雪が舞うという神々しい景色も目にした。穴から雪が入ってきても、塩分を含む海水は氷点下になっているため、解けることがないのだ」
北極の氷の下の
知らない世界
"また、あるときには、海中に雪が舞うという神々しい景色も目にした。穴から雪が入ってきても、塩分を含む海水は氷点下になっているため、解けることがないのだ。"
言われてみればなるほど…
深海生物とか身近にいたら絶対無理なフォルムをしてるんだけど、何故か魅入ってしまいます

>>北極の氷の下、この世のものと思えない神秘の生物たち
ナショナルジオグラフィック🚀
ロシア人の慧眼に恐れ入った。

「海の天使とも呼ばれるクリオネ。(略)ロシアでは、海の悪魔とも呼ばれている」

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
ロシア北西部、白海のクリオネ、ワレカラ、クラゲ、軟質サンゴ、イソギンチャクなど。

| ナショジオ
以上

記事本文: 北極の氷の下、この世のものと思えない神秘の生物たち、写真12点 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事