夏の異常気象、2100年までに1.5倍に? 最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

人為的要因による地球温暖化により、熱波や干ばつ、洪水などの気象災害が今より平均して50%増えるという研究結果が発表された。...

Twitterのコメント(14)

未来に無関心な政治家を選ぶ、未来に無関心な人々。選ぶのも選ばれるのも未来が短い人だけ?
この冬も随分と暖かくなりそうです。
1.5倍やべえ。毎週災害になるんじゃないの。
->
←「極端気象の長期化」と聞いただけでうだる。暖冬は(雪国には)多少の恩恵はあるけど…それでも水資源が乏しくなる方がダメージ大きいか
論文では、石炭火力発電所を閉鎖すれば、2018年の夏のような異常気象を今後最小限に抑えられるという。石炭火力発電所は、太陽の熱の一部を反射して、局地的な寒冷化を引き起こす微粒子やエアロゾルなどを排出する深刻な大気汚染源。
原子力❌ 火力❌ 石炭❌ !?
ヤバい!(;`O´)o
「石炭火力発電所の停止は効果的」
毎年「異常気象」なんて言ってたらもう「異常」の範囲じゃないね。
温暖化が進むとジェット気流が遅くなって蛇行し、異常気象が増えるという話。

| ナショジオ
子や孫の世代にしんどい思いをさせたくない…
そのために出来ること…
本当にちょっとしたことだけど、最近水筒生活再開しました。
これだけでもペットボトル消費率減るよな。あとは身近に炭酸水の出る水道とか欲しいよな。
"日本の洪水はすべて、上空のジェット気流が遅くなり、極端な気象状況が長引いたために起きた、と論文"洪水はわからないが80年代の夏よりじわっと確実に長く暑くなってると体感してる /
熱波、洪水、干ばつ、山火事など北半球の気象災害の原因、極端気象の長期化で ナショジオ
大変なことに。
熱波、洪水、干ばつ、山火事など北半球の気象災害の原因、極端気象の長期化で
以上

記事本文: 夏の異常気象、2100年までに1.5倍に? 最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事