チョコレートの起源、明らかになった2つの新事実 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

マヤやアステカといった古代文明で非常に重要な地位を占めたカカオ。いつ、どこで栽培されるようになったのか? その起源について新たな研究が発表された。...

Twitterのコメント(15)

ディスコ「オレのこの能力の「スタンド名」だ『チョコレート・ディスコ』ただのそれしか言わない 以上で終わりだ それだけ 他にはない・・・オレのセリフは終わり・・・・・・君に解説してやる事柄はな・・・・・・」
チョコレート(カカオ)栽培起源…遺伝学の進歩により、遺伝子レベルでのアプローチができるようになったてきたことは、かなり大きいですね。
…科学誌「コミュニケーションズ・バイオロジー」に掲載された研究で、新たな説が示された。それによると、カカオが初めて栽培植物となった場所はメソアメリカではなかったという。 栽培カカオの起源を突き止めようと、研究…
ムーチョムーチョ
ウンパルンパだ!!
>古代メソアメリカ文明で、チョコレートは非常に大切にされ、宗教儀式で使われたほか、カカオ豆は通貨としても用いられていた。
こういうのほんとおもしろい。
ナショナルジオグラフィック🚀
DNA解析が進んで面白くなるのは人や動物にとどまらない。栽培植物や植物全体の研究が進んで、ビックリするような本が出てこないかなぁ。
カカオが初めて栽培植物となった場所は従来説のメソアメリカではなく南米(現在のエクアドル)ではないかという話。(BC3300年ごろか???)

| ナショジオ
文化の伝来すげー!
「マヤ、アステカといった古代メソアメリカ文明で、チョコレートは非常に大切にされ、宗教儀式で使われたほか、カカオ豆は通貨としても用いられていた。メソアメリカで初めてカカオが使われたのは約3900年前とされる」
チョコレートの起源、明らかになった2つの新事実(ナショナル ジオグラフィック日本版) 南米なんですかね?
3000年以上前からチョコレートはあったのですね。初めて知りました。
カカオの謎に満ちた甘い歴史と児童労働や人身売買などカカオにまつらう苦い現実。
チョコレートの起源、明らかになった2つの新事実
「初期のカカオ栽培は、古い近縁種からクリオロを育てたと考えられ、これを何世代にもわたって改良するうち、苦味を与えるテオブロミンの含有量が増えていった。同時に病気に弱くなっていき、希少性が高まることになった。」
以上

記事本文: チョコレートの起源、明らかになった2つの新事実 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事