チョコ色のラブラドール・レトリバーは短命、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

最新の研究により、ラブラドール全体の寿命は約12年、チョコレート色の場合は10.7年という結果が判明した。皮膚や耳の病気にかかる確率が他より高く「免疫系に負担がかかり、寿命を縮めてしまうのでは」と研究者はみる。...

Twitterのコメント(15)

チョコレート色に交配させるやり方が、知らず知らずのうちに犬の健康に害を及ぼす遺伝子を受け継ぐ確率を高めてしまったのではないか、と論文の筆頭著者でシドニー大学のポール・マクグリービー氏はみる(記事より)。
うちの茶色、来週で16歳∪・ω・∪
純血種の遺伝病についてはもっと知られるべきだと思う。
記事のタイトルをラブラドールに空目した(´・ω・`) メガネを買い換えるかな…(矯正視力1.0) 【チョコ色のラブラドール・レトリバーは短命】
介護が必要になるチョコラブって見たことないなぁ。日本、しかも東京だと母数の問題もあるだろうけれど
色々な事研究している人がいるなあ。→
Mダックス君版もお願い致したく•••
チョコ色のラブラドール・レトリバーは短命、研究ラブラドール全体の寿命は約12年、チョコレート色は10.7年と判明 ナショジオ
他のラブラドールと比較すると、チョコレートのラブラドールは特定の病気にかかりやすい。チョコレート色は遺伝的に潜性。「ブリーダーは、チョコレート色の遺伝子を持つラブラドールだけを選んで交配させようとするでしょう」
チョコ色の ・レトリバー は短命なの?😯
ラブラドール全体の寿命は約12年、チョコレート色は10.7年と判明
これも人間の都合…。うちのもきょうだいに一匹チョコがいた。
ラブラドールレトリバー好きは、色なんて関係ない。
結局「うちの子が一番」

ラブラドール全体の寿命は約12年、チョコレート色は10.7年と判明
特定のカラーだけ繁殖ってのも考えものなのよね
「チョコレート色は、遺伝的に潜性の特徴だ。」

そうなのか〜…
犬、長く付き合うつもりで飼うんだろうに、10年って短くないのかな…
以上

記事本文: チョコ色のラブラドール・レトリバーは短命、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事