誰も予測できなかったザトウクジラの復活 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

温暖化が著しい南極半島で生態系バランスが崩れ始めている。...

Twitterのコメント(21)

よーしザトウクジラ捕ろうぜ-
//
この情報は商業捕鯨一時禁止に対する影響が出てくるのかな >
お?生態系代わり始めてるのか…

/
ザトウクジラ、ペンギン、カモメ、イカ、オットセイ、アザラシ、そして人間。オメガ3たっぷりのオキアミの奪い合い!
:クジラにオキアミ取られて漁業者苦しめば良いんじゃね?(笑)
(ナショジオ)現在ではノルウェー、韓国、中国、チリ、ウクライナを中心に、年間10隻ほどが漁を行っている。オキアミはオメガ3脂肪酸のサプリメントやオキアミオイル配合のグミの原料、そして養殖サケの餌になる。
これで日本以外の組織が頭数調整とかに言及したら緑豆が何を言いだすかとても楽しみ。
クジラか・・・・・・・。
さあ、捕鯨を再開しようか(狼殺したら鹿が増えすぎた話じみている)
氷がないから集まってきたんです -
[今後の急速で、激しい温暖化と氷の消失がどう影響するか、今のところ予測はついていない]
こんな不確定要素が多い状態で、資源管理出来るのだろうか。
温暖化が著しい南極半島で生態系バランスが崩れ始めた
ナショナルジオグラフィック🚀
捕鯨論議に一石を投じるかもしれません。
オキアミの危機?→
これ日本の調査捕鯨の成果としてさんざん主張してきたことなのに今さら言うの❔
日本の調査捕鯨では以前から増えていると報告していたのでは
23世紀にはザトウクジラが絶滅している未来じゃなくなるのかな。
捕鯨した方が良いんちゃうの?
復活自体はすばらしいけど単純に喜んでええのやらびみょーなお話
以上

記事本文: 誰も予測できなかったザトウクジラの復活 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト