愛の女神級にゴージャスな新種の魚を発見、大西洋 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

大西洋の真ん中に浮かぶ孤島の深いサンゴ礁で、小さいながら鮮やかな色の魚が見つかり、ギリシャの愛の女神の名前が付けられた。...

Twitterのコメント(11)

水深120mの深いサンゴ礁にすむ「アフロディーテハナダイ」
アフロディーテハナダイ>゜))彡 素敵なお名前。
アフロディーテて!
また大層な名前つけたもんだ。
綺麗だけども🤔
水深120mはすごいけども🤔
太平洋の水深120メートルの深いサンゴ礁で、アメリカの研究チームが新種の魚を発見しました。ギリシャ神話の愛の女神にちなんで「アフロディーテハナダイ」と名付けられたこの魚は、「これまで記載した中で間違いなく最も華やかな色をした魚」と研究者を驚かせています。
これは大発見!キリストって魚に喩えられることがありますが、このお魚はまさに愛の女神!アフロディーテハナダイだそうです。今発見されるなんてまさに奇跡ですね!
目を奪われるほど鮮やかな
大西洋の真ん中、水深100メートル以上の深い海に、ギリシャ神話の愛の女神が生き続けていた。サンゴ礁に暮らすまばゆい魚の姿で。 9月25日付けの学術誌「ZooKeys」で、米カリフォルニア科学アカデミーの研究チームが新種の…
なんてキレイ💕深海とは思えない
愛の女神級にゴージャスな新種の魚を発見、大西洋水深120mの深いサンゴ礁にすむ「アフロディーテハナダイ」 ナショジオ
水深120mの深いサンゴ礁にすむ「アフロディーテハナダイ」
以上

記事本文: 愛の女神級にゴージャスな新種の魚を発見、大西洋 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事