恐竜時代の奇妙な鳥の新種化石を発見、謎深まる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

1億2700万年前の奇妙な新種の鳥の化石が中国で発見された。恐竜と鳥の特徴が混在しており、鳥の進化はこれまで考えられていたよりもずっと複雑なのでは、と研究者はいう。...

Twitterのコメント(12)

恐竜と鳥の特徴が混在、1億2700万年前、現代の鳥に近い鳥類では最古 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
中国河北省から発見された1億2700万年前の鳥、ジングオフォルティス。現在の鳥に近いが、肩甲烏口骨など恐竜に近い特徴もいくつもあり、鳥への進化の複雑さを示す /
「初期の鳥類には、骨格の発達や翼の使い方に様々な違いがみられ、この化石のように矛盾する特徴が奇妙に混在していることはむしろ、鳥の進化がこれまで考えられていたよりもずっと複雑であることを示しているのではないか」
ペン…ギン……?
ほう>現代の鳥は、肩甲骨と烏口骨という2本の骨を持つおかげでしなやかな羽ばたき飛行ができる。ところが、ジングオフォルティスの肩は2本の骨が融合するまで成長し、肩甲烏口骨という1本の骨になっている / "恐竜時代の奇妙な鳥の新種化…"
奇妙な鳥の新発見とは気になるケラね(゚0゚)

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
中国河北省で、1億2700万年前の奇妙な新種の鳥の化石が発見された。ティラノサウルスなどの恐竜や始祖鳥が持つ長く骨ばった尾が退化し、尾は短くなったものの、現代の鳥のように扇状の羽はまだ現れていない。9月24日付けの学…
恐竜と鳥の特徴が混在、1億2700万年前、現代の鳥に近い鳥類では最古

2018.09.27
ラプトルラプトル!
鳥はラプトル!!
すごい発見ラプトル!!
化石アツイわ…
今朝はナショジオさんから2つ。一つは、白亜紀前期の「奇妙な鳥の新種化石」について→ 。「近年発見された鳥の化石の中でも特に重要です」と。
ジングオフォルティス・ペルプレクサス(Jinguofortis perplexus)のニュースです。
恐竜時代の奇妙な鳥の新種化石を発見、謎深まる恐竜と鳥の特徴が混在、1億2700万年前、現代の鳥に近い鳥類では最古 ナショジオ
以上

記事本文: 恐竜時代の奇妙な鳥の新種化石を発見、謎深まる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事