イルカに化学物質が蓄積、プラスチック添加剤 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

プラスチックの添加物や化粧品に使われ、生殖への影響や発がん性も懸念されているフタル酸エステルがイルカの体内に蓄積していることが明らかになった。...

Twitterのコメント(10)

一人当たりのプラスチックゴミ発生量は日本は世界2位
ある調査では日本の海はマイクロプラスチック量、世界平均の27倍
ものを買えばほぼほぼ何かしらのプラスチックがついてくる
避けられるものは避けていかなれれば
なおさら海で遊ぶ人間としては!
"イルカは食物連鎖の上の方に位置し、寿命が長く、また市街地の沿岸を泳ぐことが多いため、「生態系の指標に適しています」と、米サバンナ州立大学のイルカ研究者、タラ・コックス氏は述べる。" / "イルカに化学物質が蓄積、プラスチック添…"
| ナショナルジオグラフィック 「人間が近くに住んでいる場所ならどこでも、似たような化学物質が流出しているのです」
(´・ω・`)……凹むでござる。
生殖への影響や発がん性も懸念されるフタル酸エステル、米国
塑性のために混ざってて水に溶け出すということなら、イルカと戯れる用品が全部バツなんじゃないかと…
ナショナルジオグラフィック🚀
まだ未解明のことが多いようだけど、体に良い影響はないだろう。イルカが食べる魚は人も食べてるよね?巡り巡って摂取してる可能性は否定できない。
イルカに化学物質が蓄積、プラスチック添加剤生殖への影響や発がん性も懸念されるフタル酸エステル、米国 ナショジオ
癌の発生や、生殖への影響が懸念されているフタル酸エステル化合物(プラスチック等に添加されている)。イルカの尿から検出されたということなのだが、実は「人間のほうが」汚染がひどいみたい。

| ナショジオ
以上

記事本文: イルカに化学物質が蓄積、プラスチック添加剤 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース