鼻を失った赤ちゃんゾウ 生き延びられる? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

食べ、水を飲み、仲間と触れ合うのにも鼻を使うゾウだが、高い順応性があるため、鼻を失うことがすなわち死の宣告になるとは限らない...

Twitterのコメント(21)

仲間の死を悼むゾウ、その行動には大変な順応性と柔軟性がある・・
しかしゾウが減ってる原因は人間。そんな人間をなんとかしないとあちこちから動物が消えちゃうよ。
消えちゃうんだよ、、
・生きていくには、ほかのゾウより苦労するでしょうが、家族が助けてくれるかもしれません。ゾウの行動には大変な順応性と柔軟性があります
ゾウって本当に知能高い。落ち込むとか絶望するっていう感情も持ち合わせてそうだから余計つらい。。仲間が死んだらお葬式とかするんだもんね。。
人としての情が入ってしまうと保護してあげたいところだけど、野生動物に干渉してはいけないルールもわかるし、こういうのを見るたびに複雑な気持ちになる。死のうが生き延びようが自然の摂理ではあるんだよね。 /
: 長い鼻が特徴のゾウ。ゾウは鼻がなくても生きていけるのだろうか? 気の毒なことに、南アフリカのクルーガー国立公園で見つかった子ゾウが直面している問題だ。…
「生」に関して無責任な発言はできない...が、この現実を知り、憤りを感じずにはいられない。恐らく小象は必死に生きようとする。どんなに過酷でも...ただ、その窮地に人が追いやったとすると、その罪は大きい
頑張って長生きして欲しいです。
赤ちゃんだから、おっぱいだから生きていられるのかも😫
ゾウの絆は強いね。
罠だったらとても悲しい。
結局、種を生かすも殺すも人間次第ってことなんだよね😥
この赤ちゃんはきっと自分がハンデをかかえてることをなにも知らないんだろう…。どうしてこんな目にあわされるのか、ただかなしい…
人の、罪。
群れで生きていくみなさんだからどうかこの子も幸せなサポートを受けて元気に育っていけますように
「鼻をけがしたおとなのゾウがほかのゾウに食べ物をもらっていたという信用できる報告が複数あるという」ゾウは賢いなー
頑張って😢
このようなハンディを背負っても、生きようとしているからね。
鼻を切断された子象というとどうしても、20年くらい前に神々の詩で取り上げられたバハティ思い出すな。この子は群れに残るメスでなおかつ牙の短い血統だといいけどね。
野生のゾウにとって、群はほんとうに大切(;_;)
以上

記事本文: 鼻を失った赤ちゃんゾウ 生き延びられる? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事