白人が少数派になる米国で今、何が起きているか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

文化は?地位は?将来への不安を抱く白人たち...

Twitterのコメント(61)

良い悪いはともかく、白人のこのような現状認識がトランプ大統領誕生の背景だったんだろうな。
「冗談めかして『今やこっちがマイノリティー(少数派)だね』と言っていますよ」「彼らが町を乗っ取ってしまった。私らは冗談にして笑っていますが、本当は笑い事じゃないんです」
…やはり移民に関しては、「過ぎたるは及ばざるが如し」が一番いいんだろうな(汗)。>
アメリカの場合は因果応報の様な気もするが、しかし今現在日本で行われようとしている政策の未来がこれか?対岸の火事ではない
問題は支配者層が哪う柰るか。ガラスの天井で公務員や政治家が白人許りなら負組白人が無視される丈で状況的には何も変わらない。南米の一部国家は其う云う状態になってる。嘆きの壁に行かないと米国大統領にはなれないが数としては圧倒的に負けてるしね。
日本みたいに間接選挙なら間に入る人のバイアスがかかるのは判るが
直接選挙の米国でトランプが大統領になってしまうって不思議な国だな
なるほど、当然だけれど、実際に実感できる状況になってはじめて本気になるのは、人間のサガなのだろうと感じる。。。
日本も追いつくね。。。( ^∀^)ゲラゲラ >>>
今の日本は移民を入れすぎだ。 これは10年後の大和民族の姿です。
安倍政権は支持しているけど、移民と消費税10%は絶対に反対。
白人社会が造り上げた「優位性」という欺瞞が剥がれはじめているだけの話。逆に言えば、いまだに白人の優位性を信じている層が非常に多いという話にもなる。 /
日本もこれから外国人ガンガン入れる政策になってるからどうなることやら。
たしかにニューオリンズは黒人の街だった。ヒスパニックを含めると、アメリカ全土でもはや白人が少数派になる日も見えているのか……驚き。
普通に仲良くできないの
2044年までに非ヒスパニック系白人が人口に占める割合は50%を割る~
米国の国勢調査局の予測では、2044年までに非ヒスパニック系白人が人口に占める割合は50%を割る。米国の人種間の関係と白人の地位が変わるのはほぼ確実だ。
>米国の国勢調査局の予測では、2044年までに非ヒスパニック系白人が人口に占める割合は50%を割る。米国の人種間の関係と白人の地位が変わるのはほぼ確実

ぶっちゃけ今のブラジルがこれ
白人は絶対に数では勝てないんだよなぁ
ヒスパニック移民や黒人アジア移民が増えて「白人が少数派になる米国」と言うが
白人も元々は欧州からの移民だろ?
米国を白人の国 白人至上の社会としてきたのが
そもそもの間違いじゃないかな?
日本は、Chinaマフィアに、飲み込まれつつある。
白人の女は子供を産まないからね、そうなるのは当然です。
生物は生き残った方が正しい。
このままだと女性蔑視の文化が生き残る。
日本もこのまま事実上の移民政策を続けていると、あっと言う間に、日本人が少数派になってしまいますよ|( ̄3 ̄)|@AbeShinzo
日本社会に転調して考えてみると興味深いです。ほら、日本人の少子化ってあるじゃないですか?>
数で負けるは大きなことだね
インカ帝国の報復だね
まだ新人種生まれないとは人種の定義を調べるのが必須だよなぁ
➡対岸の火事じゃないかもね。大和民族が少数派になりつつある日本で、今なにが起きているのか!?
何言ってるんだ?ネイティブ・アメリカンから土地を奪ったのは白人だろ。被害者ズラするなよ。
2044年までに非ヒスパニック系白人が人口に占める割合は50%を割る/日本はどうなるか。
日本もいつかこうなるかも >
移民は長期的には混乱しか招かない。日本政府も目先の事にとらわれず未来を見据えて冷静に外国人を区別して欲しい。
日本もきおつけよう、何が起きているか(ナショナル
元々、アメリカ大陸において白人は少数派なんだよな…
「人種」「白人」「ヒスパニック(中南米系の人々)」「非ヒスパニック系白人」「褐色の肌をした人」
ナショジオ、先だって自ら「差別的であった。」と云う割には、勉強が足りない。
邦訳した人が悪いのかな?
ウチのゼミで勉強しなさい。
日本もそうなるかも?
2000年にはヘイズルトンの人口2万3399人の95%が非ヒスパニック系白人で、ヒスパニックは5%足らずだったが、2016年にはヒスパニックが人口の52%を占める多数派になった
最終的に世界は中国のものになる。
わが国も他人事ではない。この先、日本人は確実に減っていく。増えるのは単純労働者として入り居住し、日本崩壊を企てる反日サヨク、反政府活動家等の助勢で例のごとく「人権」の主張をはじめる外国籍の市民。その先に見えるのが亡国の外国人参政権。
ほんと日本人は悠長
わざわざ移民を入れてる奴がいるんだよ
何百年もずっと守ってきた土地なのに
オバマ前大統領からトランプ現大統領の時代にかけての最近10年ほどで状況が変わり、白人の立場の問題が注目されるようになってきた。
"「公共のイベントに行くと、数で負けていることを痛感させられるわ。それでも行く気になる?」
 イエールの場合、答えはノーだ。"
アメリカ人=白人のイメージもどんどん変わる。政治的にも動き強くなるんだろうけれど、白人vs黒人の反発が強くなるのはあまり好ましくないように感じる。

|
この記事は色んな視座、切り口から語れる。日本にとっても示唆的だ。移民拡大というのは軽々に行うような決断ではないのだ。
近い将来の日本、いやすでに日本国内でもあちこちで起こっている出来事だよな…。と思いながら読んでたけど「バーテンダーのボブ・サッコ」に全ての感想を持ってかれたwww /
「(自分は人種的に少数側なので多数側中心の)今の祭りは怖くて、とても参加する気になれない」この言葉を「白人」が語った場合、マイノリティの辛さとして認識されるのか、それとも差別なのか。
わずか16年で人口が逆転した現実をみると、今でさえ既に移民大国世界第4位の日本の16年後の人口比率はどうなっているのか心配です。
『2000年にはヘイズルトンの人口2万3399人の95%が非ヒスパニック系白人で、ヒスパニックは5%足らずだったが、2016年までにはヒスパニックが人口の52%を占める多数派になり、白人の割合は44%に減った。』
「今まで公平に接してきた人なら有色人種が増えても恐れを抱く必要がない」

て意見は、日本のような江戸時代的な鎖国を実質続けている中で、公平とか言えちゃう思考。同じ口がヘイト言い出す。
アメリカの書類には人種の記載欄があってヒスパニックかどうか答えるところがある。アジア人からしたらそこを分けちゃうことに違和感があるけど、人口の現状から必要な項目なのかな、と考える記事でした。
ナショジオってこんな社会派記事が載る雑誌だっけ? /
負けてるとか負けてないとか、そもそもその発想がキチガイなことにいつ気づくのか。
当事者にとってはたいへんな話。しかし、先住民迫害やアフリカ経奴隷の連行にくらべたらゆるやかな変動だと思う。歴史は常に揺れ動くんだよ。
かつては人種問題はマイノリティ問題だったが、数が逆転して構図が変わりつつある米国。非白人の方が多くなったペンシルバニアの斜陽の町で53歳白人女性は「「公共のイベントに行くと、数で負けていることを痛感させられる」/
文化は?地位は?将来への不安を抱く白人たち
( ͡° ͜ʖ ͡°)アメリカて元々インディアン(彼らの言う有色人種)が住んでたんだよね。
てかもともとインディアンの土地だよな
ナショナル・ゲオグラフィックなんだよな。2度見してしまった。 /
日本もそうなるかもな。 |
そもそも多数派だったのか疑問もあるのだが。 /
| ナショナルジオグラフィック
日本も他人事ではないよなこれ
移民を受け入れている日本もこうなる :
「彼らが町を乗っ取ってしまった。私らは冗談にして笑っていますが、本当は笑い事じゃないんです」
以上

記事本文: 白人が少数派になる米国で今、何が起きているか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事