【動画】失われたワニの尻尾を3Dプリンターで作製 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

密輸される過程で尻尾を失わせてしまったワニのために、研究者たちが最新の3D技術を使って、自然に動かせる人工の尻尾を作ることに成功した。...

Twitterのコメント(14)

微笑ましいと感じるし、それを微笑ましいと感じる自分に人間の傲慢さも感じる /
うれしいニュース。>
3Dプリンターの技術向上がすさまじいです

>>
つまり重心や浮心を整えた尻尾を与えれば、最強のワニが誕生する!?
"重心と浮心はそれぞれのワニに固有なため、この方法で作った尻尾では、動きが多少ぎこちなくなってしまった"
はえーすっごい
"人工尻尾をつけて5週間ほど経った頃、救助施設のボランティアを尻尾でぴしゃりと叩いたときのことをジョージ氏は覚えている" /
スタッブスくんの人工尻尾を作ったおかげで、この技術を応用して、他の動物や、最終的には人間をも助けられるという希望が持てたと同氏は言う。◆
》この動画だとイマイチ効能がわからん。
ちょっとこれはマジですごい・・・
3Dプリンターの可能性よ
動物密輸グループによる密輸の際に、尻尾を失ってしまったワニ🐊さんの尻尾を、3Dプリンターで作ってあげた話。

そのうちに人間にも応用ができるかもね😇💕✨
以上

記事本文: 【動画】失われたワニの尻尾を3Dプリンターで作製 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース