光合成ウミウシが激減、危機的状況、研究に支障も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

米東海岸沖に生息し、藻類の葉緑体を盗んで使う謎のウミウシの1種が、研究が困難になるほど数が減ってきている。...

Twitterのコメント(14)

「ラットハンター」
【構想30年!書きこれから】
最近の科学記事を探してたら
30年ぐらい前に書きたかったことに
現実味を帯びてきて
そのプロットを紹介して行こうと思います。

はじまりは2096年、そして30万年の時を経て
生物ヒエラルキーが逆転する・・・
コラージュされたネタ?
だと思ったらホントなのね。
その前にこんな野菜な動物がいたことが驚き。
藻類の葉緑体を盗んで使う謎の動物、米東海岸
「研究を進展させるには、誰かがこのウミウシをたくさん育てる方法を見つけなければなりません」と彼は言う。「問題は、彼らが希少な生物であることなのです」
私が最も研究したい、絶滅させてはいけないと感じている種のウミウシについてです。つい最近の記事なので是非見てください。
これはもう、血管が塞がれて血流が止まっても他から酸素と栄養を手に入れられるようにするしかない。ならいっそ植物細胞のように酸素と栄養を自前で作り出せれば良いのでは?という考えに至ったわけです。
実際、動物でもウミウシには葉緑体を使って光合成するやつもいます
【論文と動画は残り本体は絶滅してしまうのか】光合成ウミウシが激減、危機的状況、研究に支障も|ナショナルジオグラフィック日本版サイト 食べた藻類の葉緑体を体内で生かしてその光合成能力を利用する貴重なウミウシが激減している(例によって?)
"どうやって体内で葉緑体を働かせているかすら謎だ" 活性酸素の処理、葉緑体を消化せず免疫も反応しない、などなど /
ナショナルジオグラフィック🚀
育てるのすごく難しいのか。。。 / "?P=2"
光合成をする動物、ウミウシの話(3頁解説コラム)。

| ナショジオ
「個性的で、物議をかもす存在で、つかまえにくく、小食。ハリウッドセレブのようなものです」この小さな生き物に何たる侮辱。『テコンダー朴』の、「ヘイトスピーチ…」といふ一コマを思ひ出した。 / "光合成ウミウシが激減、危機的状況、研…"
藻類の葉緑体を盗んで使う謎の動物、米東海岸
見出しの画像はそんなでもないけど這ってるときの裏側めっちゃ葉っぱ🍃
以上

記事本文: 光合成ウミウシが激減、危機的状況、研究に支障も | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事