チェルノブイリのオオカミ 周囲に与える影響は | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

最新研究で、チェルノブイリのオオカミが放射線が原因の遺伝的変異を、外部にも広げる可能性が指摘された...

Twitterのコメント(13)

"鳥、齧歯類、昆虫など~~遺伝的変異や動物の健康に影響~~ツバメやハタネズミなど~~遺伝的変異が次の世代に受け継がれた" この一帯の小動物に見られる腫瘍、白内障、発育異常などは、高い放射線量の影響" / "チェルノブイリのオオカ…"
#環境破壊 #放射線 #原発 #障がい #健康被害  #化学物質
よくわからん。放射線量の高い地域では野生動物が少なく、放射線で変異した狼は障害があって外に広く出て行く可能性は低い、ってことであれば、「周囲に与える影響」を心配する必要はないのでは? 狼は災難だが。 / "チェルノブイリのオオカ…"
とにかくまだ何もわかっていない分野だ。わかっていないのに、現象だけはある。騒ぎすぎも軽視しすぎも危険だ。研究が進むことを願う。
行動範囲が広いから異常な遺伝子のまま外に出てる可能性が高いというわけか。
一時は動物たちの楽園と言われたけど、ちょっと様子が変わってきたね。
最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されていると!
何を伝えるために。
周囲に与える影響は最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されている ナショジオ
「チェルノブイリに目隠しをして行っても、その場所の鳥の数や鳴き声の大きさから、放射線のレベルを言い当てることができます」とメラー氏は言う。← 凄いな。
最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されている
最新研究で、放射線が原因の遺伝的変異が外部に広がる可能性が指摘されている
本題とは関係ないが
>汚染区域から出て400キロメートルほど歩き回ったことになる
これほど行動範囲が広いのか
東京-石巻間…
via
以上

記事本文: チェルノブイリのオオカミ 周囲に与える影響は | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事