犬の「身ぶり」は19種、組合せで別の意味も、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

飼い主に自分の要望を伝えるために、イヌは少なくとも19種類のジェスチャー(身ぶり)を使いこなしていることが新たな研究で明らかになった。...

Twitterのコメント(16)

ワンコを飼ってると自然にわかることだけどおもしろい! →
なるほどワン🐶w
【自分メモ】うちの子が得意とした「糞をしたあとのお尻で靴の甲にペタンと座る」ってのはないなw|_・) コミュニケーションの中で後天的に学習する感じっぽい
イヌの研究なのにサルフォード大学。 /
"最も一般的な要求は「食べ物/飲み物をちょうだい」「ドアを開けて」「おもちゃ/骨を取って」「体をなでて」だったという" /
飼い主に要求するジェスチャー、37匹のビデオ242本を解析し特定
冒頭の動画、私にもわかるぞ。言葉にたよらずひとに要求を伝えることができる、犬はほんとうにコミュニケーション能力が高いなー。
人と同じで環境によって身振りも変わるんだろうなあ
犬の「身ぶり」は19種、組合せで別の意味も、研究|ナショナルジオグラフィック
犬の「身ぶり」は19種、組合せで別の意味も、研究飼い主に要求するジェスチャー、37匹のビデオ242本を解析し特定 ナショジオ
霊長類並みに物凄い犬のコミュニケーション能力。犬を侮ってはいけない。

の「身ぶり」は19種、組合せで別の意味も、研究
こういうわかっていることを論文にすることは必要だけど、「発見! 」みたいにされるとアホかと思ってしまう(^^;
| ナショナルジオグラフィック日本版
愛犬くんは、ごはんの
おかわりちょうだいを
右前足をあげて表現します💜
‐‐
>類人猿と似たようなことをしますが、彼らはそれを種の壁を越えてやっているのです
ほげー
以上

記事本文: 犬の「身ぶり」は19種、組合せで別の意味も、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース