コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

コウモリの反響定位を錯覚させて逃げ延びるガの特徴と進化の謎が明らかになった。錯覚をめぐる進化は、これまで考えられてきた以上に重要かもしれない。...

Twitterのコメント(14)

独特の尾で音をかく乱、錯覚めぐる進化の重要性を示唆
ガの長く複雑な形の尾状突起はコウモリのソナーを確実に欺くように進化
独特の尾で音をかく乱、錯覚めぐる進化の重要性を示唆
JUL/10
『コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明』

▼あとから日本語記事がでると、自分の英語力のなさを実感します…
哺乳類であるコウモリを欺く昆虫類。進化はすごいですね。
オナガミズアオもそんな進化を遂げているのですかねえ。。
ミリオタからすると、戦闘機の生態模倣に関連しそう。
なぜその部位を振動させようと思ったのか
>ボルネオ島のスズメガは生殖器を振動させて超音波を出し、天敵であるコウモリのレーダーを妨害できる
ソナー撹乱させたりデコイしたりとかマジかよ……
蛾の長い尾(尾状突起)が、天敵であるコウモリの反響定位を欺くのだそうです。
光学器が進歩するとそれを欺く迷彩塗装が、
レーダーが開発されるとステルスやジャミングがという風に技術革新と軍拡を繰り返すのは、何も人間だけではなく生物の本能なのだ
昆虫学者さんをフォローしてからというもの彼等のツイートによって最近虫がかわいく思えてきたから不思議w
進化すげー
コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明独特の尾で音をかく乱、錯覚めぐる進化の重要性を示唆
以上

記事本文: コウモリを錯覚させて逃げるガ、進化の謎を解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース