「体内に虫」妄想の難病、10万人に約27人も、米国 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

治療困難な「寄生虫妄想」に、10万人に約27人が罹患していることが米国の研究で明らかになった。...

Twitterのコメント(13)

興味深いなって読んでいて、怖いもの見たさと興味で参考記事の寄生虫の話を読み尽くしている。基本的に寄生虫も含めて、動植物の生態が好きなんだと思う。
この寄生虫妄想って結構多いんだよね。/
セネストパチーが「実は寄生虫でした」というのは笑えない
米国だけでも何万人も患者がいるのか。クリミナルマインドでもこの患者が出てきたけど、妄想を止める薬が存在しているとは驚いた
幻聴や幻視とは違うもの扱いなんだろうか。
"昆虫学者が彼らに伝えるのは、人間に寄生する節足動物はシラミとダニの2種類だけということだ"またマニアックな知識を仕入れてしまった。 /
寄生虫がいてほしいという信念…困ったものだ
とてもリアルな虫の感覚、治療は困難、「寄生虫妄想」で初の集団ベース研究
いくら食べても太らないから胃に寄生虫がいるんじゃないかと思ったことよくあるし、周りからもよく言われるw (この記事の話はずっと深刻だけど)
皮膚の感覚から虫の存在を認知する能力は、人間がネズミのような動物だった頃から持っていたはず。これがバランスを欠いて発動したのだ。
ヤク中になるとこういう正直が出ると聞くけど、同じような脳の異常なのだろうか? しっかし、陰謀ブログはどこでも悪いやっちゃな!陰謀は都市伝説だけで充分ですぜ
精神疾患のなかでも妄想はどんな妄想でもほんとに強固らしいので他人にはどうすることもできないよなあ【「体内に虫」妄想の難病、10万人に約27人も、米国】
とてもリアルな虫の感覚、治療は困難、「寄生虫妄想」で初の集団ベース研究 | ナショナルジオグラフィック日本版
以上

記事本文: 「体内に虫」妄想の難病、10万人に約27人も、米国 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事