プラスチックごみ問題、アジアの責任は? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

世界で生産される年間約4億トンのプラスチックのうち、約4割は使い捨てで、その多くは購入後すぐに用済みになる包装材だ。プラスチックの生産量は猛烈な勢いで増えている。...

Twitterのコメント(12)

ストローもフォーク&スプーンも紙製に代替する必要がありますね。
「廃プラスチックの半分はアジアの5カ国(中国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、スリランカ)で発生している」
「北米とヨーロッパで100%リサイクルしたとしても、海洋に流出するプラスチックの全体量はほとんど変わりません」(米ミシガン州立大学の化学工学者ラマニ・ナラヤン)   ナショジオ日本版サイト
マイクロプラスチックの恐怖。
いずれ自分に戻ってくる汚染の影響をどう防いだらいいのか…。
急成長するアジアで使い捨てが増えて環境汚染が問題に。北米と欧州で100%リサイクルしても海洋流出量はほとんど変わらないそう。→プラスチックごみ問題、アジアの責任は?(ナショジオ)
"急成長するアジア諸国で使い捨てプラスチック包装材の利用が増えた" "収集システムが十分整備されておらず、そもそも存在すらしていない" /
廃プラスチックの半分はアジアの5カ国で発生
「北米とヨーロッパで100%リサイクルしたとしても、海洋に流出するプラスチックの全体量はほとんど変わりません」
問題はアジア!
インドのチェンナイで見た川も真っ黒だったのを思い出す。ポジティブに捉えれば日本人が活躍できるフィールドに思える。
「先進国がいくらリサイクルしても…」うーわー、『リサイクル』と言って中国と東南アジアにプラスチックごみ押し付けてるヨーロッパが言っちゃうかー
プラスチックごみ問題、アジアの責任は?|ナショナルジオグラフィック 「北米とヨーロッパで100%リサイクルしたとしても、海洋に流出するプラスチックの全体量はほとんど変わりません」
廃プラスチックの半分はアジアの5カ国で発生
以上

記事本文: プラスチックごみ問題、アジアの責任は? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース