クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

陸上のものに比べて、海にすむ哺乳類の体が大きくなる理由が最新の研究によって明らかになった。定説に反して重力の束縛は関係がなく、カギは「体温」と「エサ」だという。...

Twitterのコメント(15)

@andrew83sarchus これ「クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す」
を見て、中生代の海生爬虫類や魚類も似た影響があったのかなぁと思い、ダエオドンに噛まれたくなった。(暴走)
体が大きいと体温を保持しやすいのは体長が2倍になったとき体積は8倍になるが表面積は4倍にしかならないから /
先日ツイートしたニュースが日本語に。
まあ、あまり大きすぎても小回りも効かずに大変だから、ある程度のサイズでストップせざるを得ないんだろう。
なるほど、体温を保つことと餌の量のトレードオフ。最小サイズが陸上より大きいのは、水圧で潰されるのかな?
海は重力の影響が小さいから大きくなる(定説)→海水が冷たいから小さな哺乳類には無理だった!後者も定説といえば定説では /
単純に浮力のおかげではなかった、カギは「体温」と「エサ」
デコットも大きくならざる選なかったんです(?)
| ナショナルジオグラフィック日本版
これもベルクマンの法則なのか?
そう言えば確かに、ネズミやモグラサイズの海洋哺乳類はいない…。>
クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す ナショジオ
大きいことはいいことか?
単純に浮力のおかげではなかった、カギは「体温」と「エサ」
以上

記事本文: クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース

780コメント 2 時間前   - this.kiji.is