中世ドイツの謎の変形頭蓋骨、異民族の花嫁だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

6世紀前後に現在のドイツ南部に移住した民族の墓地で見つかった謎の変形頭蓋骨。半世紀以上も専門家たちが頭を悩ませてきたその正体がついに明らかになった。...

Twitterのコメント(13)

うーん、記事中にもあるけど、本当に「ドラマの題材」みたいな内容。わくわくしちゃう。
電気グルーヴのベストアルバムのジャケットを思い出させる写真 Reading:
これは興味深い。変形頭蓋なんて風習があったのも知らなかったし。もっと知りたいなぁ。→
変形頭蓋骨の女性たちの出自を知りたいかも>>

中世ドイツの謎の変形頭蓋骨、異民族の花嫁だった|
こういう大昔の異文化交流が明らかになると、アーリア人がどうしたとかの言説が力を持たなくって来るよね。
フン族かローマ人らしいが、赤ちゃんの時に、頭を型にはめて変形させたらしい。美容か健康か何のためか分からないけど。
「文化の衝突」いい言葉である。
大変興味深い…!更なる研究と考証が待たれる…
中世つーても6世紀前後の『古い』中世の話、民族大移動の後期頃?
おもしろーい(゚∀゚*)

多様性厨「ホラ、こうやってムカシから異民族同士の交流があったのだから多様性は大事だよね??」
半世紀以上も専門家たちを悩ませてきたその正体がついに明らかに | ナショナルジオグラフィック日本版
以上

記事本文: 中世ドイツの謎の変形頭蓋骨、異民族の花嫁だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース