温暖化でウミガメの99%がメスに、オーストラリア | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

世界最大のアオウミガメ繁殖地であるグレート・バリア・リーフでの異変が明らかになった。世界規模の問題の恐れもある。...

Twitterのコメント(20)

今テレビでやってた,温暖化でウミガメのほっとんどがメスになっちゃってる(卵の時の温度で性別が決まるそうな)っていうやつ,これか。そういう影響の出方もあるんだねえ。
海ガメの99%がメスだった(生物学専門誌「Current Biology」に発表された)
卵のときに海水温が高いとメスが生まれる
少なくとも116対1の比率でメスの数が圧倒的に勝っていたことが明らかになった
絶滅の危機
ウミガメの性は、卵にいるときの温度で決まる。温度が高くなればメスが増える
ウミガメの性別って卵にいる時の温度で決まるんやね。不思議。温暖化致命的。
少なくとも116対1の比率でメスの数が圧倒的に勝っていたことが明らかになった。
オーストラリアのウミガメがピンチ!
マジかよ、生まれ変わったらナマケモノか金持ちの家の猫になりたかったけどウミガメのオスも最高じゃん。
魚とかでもあり得そう
「ウミガメの性は、卵にいるときの温度で決まる。温度が高くなればメスが増える」・・・えっ!
グレート・バリア・リーフ北部のアオウミガメ、世界規模の問題の恐れも
絶滅の危機かな。
下の酸素不足の話とは別。
各々、別個に問題が発生している、というパターン。
考え方を変えると1%のオスだけで、多くのウミガメの子孫が増えるということではないだろうか?
亀じゃハーレム感ないしな
恐ろしすぎる…
孵化温度で性別が決まるウミガメのメス比率が上がりつつあるという指摘はあったが、従来の予想をはるかに上回る性比の変動。恐ろしい。/
以上

記事本文: 温暖化でウミガメの99%がメスに、オーストラリア | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース