実は凶器? ティラノサウルスの短すぎる腕に新説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

米国で開かれた学会で、Tレックスの小さい腕には、近接戦で相手を切り裂くだけの力があったという研究結果が先日発表された。...

Twitterのコメント(12)

「『球関節にも似た珍しい形の関節』のおかげで腕をさまざまな方向へ動かすことができ」る腕で相手を切り裂いていた可能性があったという。ここ数年、イ「 ティラノサウルスの短すぎる腕に新説|ナショナルジオグラフィック日本版サイト」
強力な武器だったなら格好いいと思うけど、現状だと浪漫兵器枠っぽい気が😅
飛べない鳥の翼のように機能を失った器官ではなかった?
おもしろい!
【環境関連ニュース】
 ティラノサウルスの短すぎる腕に新説(11/8 ナショナルジオグラフィック)

飛べない鳥の翼のように機能を失った器官ではなかった?
今朝は一つだけ。米国地質学会で、「ティラノの腕は凶器?」という発表があったようです→ 。論文としてまとまるか。ちょっと注目ですね
久しぶりの興味深いニュース!
球関節なら引き裂く動作をしたかもしれないね。
『Tレックスの腕の骨は頑丈で、武器として有効だっただけでなく、「球関節にも似た珍しい形の関節」のおかげで腕をさまざまな方向へ動かすことができ、切り裂く動作には理想的』 /
無理があると思う
ティラノ君なんかもうなんでもアリやな
(日経BP) Tレックスの腕は巨大な体に対して滑稽なほど小さいが、この鉤爪の付いた長さ1メートルほどの腕が、従来考えられてきたよりも恐ろしい武器だった可能性があるとの研究が先日学会…
以上

記事本文: 実は凶器? ティラノサウルスの短すぎる腕に新説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース