12コメント

なぜ金魚にエサを?(CREDIT: cleanldy via Storyful) タカのひなを育てるワシに、子ヒョウをかわいがるメスライオン。自然界ではときおり、別種の子供の世話をする例がみられるが、今回の動画に登場するのは、金魚にエサをやるショウジョウコウカンチョウ(Cardinalis cardinalis、英名カージナル)だ。(参考記事:「【動画】なぜかライバルのヒナを育てるワシ」、「ヒョウ...


Twitterのコメント(12)

おもわず母性がくすぐられてしまうのね。
《ナショナルジオグラフィック》日本版サイト
🆕 2017/08/10(昨日)🔥🔥19
8⃣ 🈚 (1st/11)
🙋
あかいとり「おみずのなかになかまがいる」
金魚に餌をやる鳥・・・かわいい・・
池に1日6回も飛来、不思議な行動について専門家に聞いた
「水面に出ている金魚の開いた口は、大きさも形もひな鳥のそれとよく似ており、これがエサをやらなければという成鳥の本能を刺激」
おもろ。
初めて見ました。
食うためかと思ったけど普通に餌付けしてた...本能喚起されると逆らえないんだな/
鯉の口と雛の口が似ている為、本能的に餌をあげたくなるのでは?と解説されています。人間は動物の行動にはそれらしい理由を付けたがりますが、私達人間だって猫や鳩に餌あげたりするじゃない。鳥だって魚に餌あげたいときもあるでしょう。
2010年の動画のようだけど確かに。赤くて口を開けてるからヒナにご飯あげてるんでしょう。金魚ええかげんにせえよと言いたい
【環境関連ニュース】
【動画】金魚にエサをやる鳥、理由は?(8/10 ナショナルジオグラフィック)

池に1日6回も飛来、不思議な行動について専門家に聞いた
以上

記事本文: 【動画】金魚にエサをやる鳥、理由は? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

90コメント 2015-06-18 11:25 - news.livedoor.com

三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」の浄化槽で4月、体長25センチ、体重360グラムの巨大金魚が見つかった。 関係者が経緯などを調べたところ、もともとはアマゾン川流域に生息する世界最大の肉食淡水魚「ピラルク」のエサだったが、水槽の排水口から“脱出”。地下の浄化槽まで逃げ延びて潜伏していたとみられる。その期間は、実に7年以上に及ぶという。暗闇の中で潜伏していたためか、赤い色素が抜けて“...[続きを読む

画像で見る主要ニュース