絶滅危惧のセミクジラ、相次ぐ不穏死 3週間で6頭 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ニュージーランド、オークランド諸島(亜南極諸島)のミナミセミクジラ(Eubalaena australis)。(PHOTOGRAPH BY BRIAN J. SKERRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)[画像のクリックで拡大表示] 絶滅危機に瀕する大型動物が数週間のうちに相次いで死んだとなれば、保護活動に関わる人々は、原因究明のためにあらゆる手を尽くす。 ...

Twitterのコメント(13)

ナショジオの6月の記事。この後3頭死んだ事に。
先に言っとくが、【大西洋の】セミクジラの絶滅危機は100%欧米人の乱獲のせいだからな。極東の日本人は無関係だからな。
プランクトンが死因か 3週間で6頭
クジラには、その死も含めて不可解な現象が多いです:
・日本において、凶悪なテロを勃発させたり、日本人を拉致してきた反日犯罪民族朝鮮人や反日極左テロリストに関しては、「害獣」として徹底的に駆除するべきだろう。連中の支援者である反日低知能極左も同罪だ。
カナダのセントローレンス湾、死因は未解明
2017.6.28
 (ナショナル ジオグラフィック日本版)
情報が少なすぎるが、外傷が無い場合、最悪老衰も考えられるんじゃないだろうか・・・。
鯨の一種でも絶滅したら日本の所為にされるだろう。
捕鯨は一旦辞めた方が良い。
こういう本当に種の存続が脅かされているクジラこそ喫緊に保護の対象とみなされるべきなのに
報告書に色々書いてるってことは、「原因は色々あってわからん」だろうな。
以上

記事本文: 絶滅危惧のセミクジラ、相次ぐ不穏死 3週間で6頭 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

画像で見る主要ニュース