23コメント

古代のネコの遺伝子を分析したところ、ぶち模様のネコは中世になるまでは存在しなかったことがわかった。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)[画像のクリックで拡大表示] イエネコ(家畜化したネコ)の拡散に関する研究の一環として行われたDNA分析から、ネコは人間が家畜化したのではなく、自ら人と暮らす道を選んでいたこ...


Twitterのコメント(23)

›ネコはありのままで完璧だったのです
猫は自ら人と暮らすことを選んだとすれば、それは人にとって最高の選択だったはず
@penelope817 ところでこれ読んだ?
NERVでなくNEKO が人類を補完してきたのだと知った瞬間
>イエネコ(家畜化したネコ)の拡散に関する研究の一環として行われたDNA分析から、ネコは人間が家畜化したのではなく、自ら人と暮らす道を選んでいたことが明らかになった/
薄々勘づいてはいたが、やはり飼われていたのは人間の方だったか・・・
今年はホモ・サピエンス全史がはやっていますが、他の動物に目を向けてみるのも面白いですね✨
つまり、ネコは都合よく人間を飼うようになったとw
さすが、猫。「ありのままで完璧」
極猫派のわし なみだをながしてよろこぶ
やはり完璧な生物、NECO。→
(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
「ネコはありのままで完璧だった」と研究者、ぶち柄の出現は中世
ん?家畜化されてなくね?自由じゃん?
いや、人間が猫に家畜化されたのだ。種を持たないバナナがその繁殖に人間を利用したように。
「ネコはありのままで完璧だった」と研究者、ぶち柄の出現は中世
猫はありのままで完璧だったんだって ╰(*´︶`*)╯♡
>ぶち柄の出現は中世
「ネコはありのままで完璧だった」か…知ってたな🤔笑
もともと対等な関係だったんだな。
そりゃ言うこと聞かないさね。
「ネコはありのままで完璧だった」
犬の立場がないなあ (._.)

今読んでる本では、初期人類はライオンから獲物を横取りすることを生業の1つとし、人類とライオンの生息域が重なるらしい。この辺りも...
猫様は素でパーフェクトらしい。
以上

記事本文: ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変、最新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

148コメント 2017-06-21 18:10 - natgeo.nikkeibp.co.jp

古代のネコの遺伝子を分析したところ、ぶち模様のネコは中世になるまでは存在しなかったことがわかった。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)[画像のクリックで拡大表示] イエネコ(家畜化したネコ)の拡散に関する研究の一環として行われたDNA分析から、ネコは人間が家畜化したのではなく、自ら人と暮らす道を選んでいたこ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース