10コメント

約2.8ヘクタールの土地に設けられたソーラー発電施設。現在、タウ島の電力をすべてまかなっている。(PHOTOGRAPH BY DANIEL LIN)[画像のクリックで拡大表示] 2017年2月22日水曜日の夕方、米領サモアの外れにある島の1つ、タウ島では、3つある村の住民のほとんどが「ペセ」、つまり教会の聖歌隊の練習をしていた。年に1度、島を挙げて行われる若者たちのステージが迫っており...


Twitterのコメント(10)

へぇ

>2016年11月、太陽光発電による新しいマイクログリッドがタウ島に完成した。これにより、それまで100%ディーゼル燃料だった島全体の発電は、100%太陽光に切り替わった
手放しの礼賛ではなく。地に足を付けた暮らしとは何か、ということを考えながら。
なうぶら》 -
住民の反応は? 生活は? 世界が注目、米領サモア領のタウ島
こういう生活してみたいなー
島に5328枚のソーラーパネルが設置され、1.4MWの電力を生み出す。電力はテスラの大型蓄電池60台に蓄えられる。これで、日光が全く差さなくても最大3日間は島に電力が供給される。無電力が3日を超えるようにときには船を使えば良い。
「このソーラー事業を担ったのはソーラーシティ社だ。米カリフォルニア州に本社を置き、イーロン・マスク氏のテスラ社に同じ頃に買収された。」へー。いいね。
共産党員は今すぐ移住だ /
2011年の春、原発事故の不安の中、自分は村単位程の細かさで太陽なり水力なりの発電所を作るのが安定的ではと友人に話し、コストかかる愚と罵られたが、それほど間違っているとは思わず
|
「カテゴリー5のハリケーンにも耐えられる」らしい。日本の同規模の離島もどんどんこれに変わっていくといいかも。
以上
掲載元: 100%太陽光発電の島、3カ月たってわかったこと | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

33コメント 2014-12-13 16:13 - hamusoku.com

記事を出した後にコメント欄をまとめて記事中に掲載するという試みをしています。 コメント随時追加していきます。 試行錯誤の段階でいろいろとやっていこうと思っています! コメントしてくれると嬉しいです( ´∀`) あと、現在記事とは関係ないコメントも大量にある為、一時承認中にしています。 少し時間経てば掲載されます。管理人とかハム速にご意見ある方はメールフォームでお願いします。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース