14コメント

地球と月を1枚に収めたこの写真は、2016年11月にNASAの火星探査機マーズ・リコネサンス・オービターが地球から約2億500万キロ離れた場所で撮影したもの。(PHOTOGRAPH COURTESY NASA/JPL-CALTECH/UNIV. OF ARIZONA)[画像のクリックで拡大表示] 火星から撮った地球と月の写真を、NASAが公開した。地球から約2億500万キロ離れた火星の周回軌...


Twitterのコメント(14)

サイド3から見た地球?
MicroとMacroを感じます…
デススターにしか見えない
地球の前を通過する月の写真すごい!綺麗
「写真は、地球と月の両方が見えるように、明るさを調整してある」──本当は月のほうは(相対的に)もっと暗く見えるらしい。

| ナショジオ
ナショジオが最新の写真だけじゃなく過去写真も紹介。
この写真かっこいい。人工衛星が写した月と地球。ナショジオから。
月が地球に重なってる写真こえー
宇宙から見た地球と月のツーショットを集めています。
| ナショナルジオグラフィック   ほお、これは一見の価値がある。
宇宙からしか見られない「地球と月」のツーショット8点
ナショナル ジオグラフィック日本版 -
以上

記事本文: 火星から見た地球と月の写真をNASAが公開 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

811コメント 2010-10-30 02:02 - blog.livedoor.jp

NASA「火星に移住する人募集。地球には二度と帰ってこれません」 NASAが二度と地球に帰ってこれない火星植民地プロジェクトを計画中 基本的に、宇宙飛行士が宇宙に行く場合は地球に帰還することを前提として旅立っている。映画『アポロ13』では、宇宙空間でトラブルに巻き込まれながらも奇跡的な地球への帰還を遂げた、実在するアポロ13号が感動的に描かれている。 しかしN...[続きを読む

画像で見る主要ニュース