12コメント

30億光年の彼方にある矮小銀河から届く微弱な電波バーストは、科学者が初期宇宙を覗き込むための新たな「窓」になり、人類の宇宙観に突きつけられた謎を解くための重要な手掛かりになるかもしれない。(ILLUSTRATION BY BILL SAXTON, NRAO,AUI,NSF; HUBBLE LEGACY ARCHIVE, ESA, NASA)[画像のクリックで拡大表示] 宇宙では毎日、何千とい...


Twitterのコメント(12)

オイラが本当に好きなのは だ!!!!
銀河の外からだと!?これは非常に興味深いまた、思考にてっするキーワードが増える!
答えは、ぶつかるすれすれの天体同士の摩擦。
ブラックホールに分解吸収されるまで公転上で交差するタイミングで発生すると考えられだから短い。公転速度が驚異的な速さだろうな。
ヒントは原子が光を放つ機構。
発生源を特定ナショジオ日本サイト
30億光年の彼方にある矮小銀河から届く
仮説を立ててコツコツ丁寧に検証していく。芸術と呼ばれる分野はこういうことをすっ飛ばして何かをつくっているように見えることもあるし、実際色々す飛ばして何かができてしまうこともある。でも出来上がったものの中には様々なものが含まれ、見る側
いつも思うのだけど、遠い遥か彼方で起きていることが段々と分かる🙇一方、すぐ身近のことも分からない😓
| ナショナルジオグラフィック日本版
ブラックホールが高速電波バーストの発生源である可能性も…『謎の高速電波バーストの発生源を特定 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト』
太陽5億個分ものエネルギーが発生する。
話題の電波バーストに関する解説コラム。①ブラックホール自体がバースト源?②超新星爆発の残骸の中心にマグネター?③中性子星かマグネターが超大質量ブラックホールを周回?

| ナショジオ
以上

記事本文: 【解説】謎の高速電波バーストの発生源を特定 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

67コメント 2017-03-15 18:52 - news.mynavi.jp

高速電波バーストは、継続時間が数ミリ秒という極めて短い電波のフラッシュ現象であり、その発生源は数十億~100億光年先にあると考えられている。2007年に初めて観測されて以来、豪州にパークス天文台やプエルトリコのアレシボ天文台などの大型電波望遠鏡で20例程度が検出されているが、その発生原因・メカニズムは謎に包まれている。 高速電波バーストを説明できる自然現象が特定できないため、研究チーム...[続きを読む

画像で見る主要ニュース