14コメント

2008年にロシアで観測された皆既日食。太陽の見え方の変化を連続写真で示している。(PHOTOGRAPH BY BABAK TAFRESHI, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)[画像のクリックで拡大表示] 2017年もさまざまな天体ショーが楽しめそうだ。特に米国では忘れられない年になるだろう。8月、待ちに待った皆既日食が米国本土で見られるからだ。 その壮大な見せ場に加え...


Twitterのコメント(14)

宇宙&科学



今年の注目をナショジオが厳選しておすすめ、北米では皆既日食も!
2/26南半球金環食、8/21北米皆既日食 /
どれがいいですかね。木星と金星のコラボなんていいですね。
今年はアメリカで皆既日食があるのか。
夏休みつかっていけるなぁ。。
今年はいくつ見られるかなー 楽しみ(*'▽')  /2017
1979年以来の北米版皆既日食 /
忘れていると思うけど、楽しみだね!
「  今年の注目をナショジオが厳選しておすすめ、北米では皆既日食も!」(ナショナルジオグラフィック1/6)
メモメモφ(..)今年は空をゆっくり見上げる時間が持てると良いなあ・・・
2017年の天体ショー。
2月11日は冬キャンプして焚火しながら、本田・ムルコス・パイドゥシャーコバー彗星を見る。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)楽しみっ🌟✨💫
ナショジオさんに、2017年、絶対に見たい天体ショー7選という記事があがってますね→ 。ただし、アメリカ視点であることが注意。
以上
掲載元: 2017年、絶対に見たい天体ショー7選 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

21コメント 2015-10-18 16:36 - www.tenki.jp

ほうき星ともいわれる彗星(写真はイメージです) 冬の星座の代表でもあるオリオン座は、この時期の東京の場合、ちょうど未明頃に東の空に高く上ります。赤く大きく輝くのは狩人オリオンの右手の付け根にあたる一等星のペテルギウス。この近くに「放射点」と呼ばれる個所があります。ハレー彗星の塵は一定の方向から大...[続きを読む

画像で見る主要ニュース