恐ろしい大噴火、高熱で脳が沸騰、頭骨が爆発 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

西暦79年に街を破壊したベスビオ火山の噴火。犠牲になった人々は極度の高熱で脳が沸騰し、頭骨が爆発したと研究者は言う。...

Twitterのコメント(29)

火砕流の熱で脳が沸騰・・・
いや、その前に全身の細胞が沸騰すると思いますが、身体反応はどうであれ、だから噴火したらさっさと遠くに逃げて欲しいんです。
イルーゾォ「『何を取りに来たのか!?』それは おれがもらうッ!教えてもらおうか?フーゴ!」

フーゴ「断る!」

イルーゾォ「ならば死ねッ!」

フーゴ「違うね!……死ぬのはぼくの能力を見るおまえの方だな」
反論も多いようだ。頭蓋骨が内部からぼっこーーん!ってなるくらいの圧力ってどれくらいなんやろか。
頭がフットーしちゃうよお!(人間の頭骨は300度程度では爆発しないよねって話)
面白い記事。最後の火山学者のコメントも興味深い。「恐ろしい大噴火、高熱で脳が沸騰、頭骨が爆発」ナショジオ日本版
「多くの犠牲者がどのようにして死んでいったかについては、意外にもまだ多くの論争がある」
「そもそも体は沸騰し頭骨は爆発するのか」
「現代の火葬炉は、温度が1000度に達する」
"「灰色の雲が向かってくるのが見えたら、とにかく走って逃げて」と、クリップナー氏は警告する。"
たぶん,「迫ってくるのが肉眼で見えたら」かなりの高確率で逃げても無駄。
瞬間的な加熱で穴が空いて干物状態になることは知られているがそれを爆発と言うのかどうか。あと火砕流内部の圧力があるので、ホラー映画みたいにどっかーんとはいかないんじゃないかな。言い回しの問題な気がする。
頭のフットーはローマ人が既に2千年前に通過していたッッッ(異論あり)
頭がフットーしそうだよう♡♡って本当は恐ろしい事態だったんだな
後でゆっくり読む!
西暦79年に起きたベスビオ火山の大噴火により、周辺の古代ローマ帝国の都市とその住人は一夜にして消滅した。大量の火山灰がポンペイの町に降り注ぎ、建物はその重みで崩落した。その後激しい火砕流が山肌を駆け降りて町を焼き…
頭がフットゥーしそうだょ
西暦79年に街を破壊したベスビオ火山の噴火。犠牲になった人々は極度の高熱で脳が沸騰し、頭骨が爆発したと研究者は言う
2千年前のベスビオ火山の噴火による死者の最期めぐって研究、反論も
記事読んだらほとんど見出しに対する反論だった。結論も出ていないらしい>
こんなしにかたしたくない…
「研究チームは、(2000年前のベスビオ火山噴火でポンペイと同じく壊滅した)ヘルクラネウムの方がより高温の500〜600度もの火砕サージに襲われたため、脳の髄液も含め体内の液体が突然沸騰し、死に至ったのではないかと考えている。」(本文より)
「脳が沸騰」で「頭がフットーしそうだよおっっ」を思い出してしまうネット民のサガ /
"……この仮説に反対する専門家もいる。……頭骨に関しては、そもそも爆発できるものなのかという疑問を呈する。火葬された頭骨には……亀裂が入ることはあるが、激しく爆発して破片が飛び散るなどということは起こらない。……"
「灰色の雲が向かってくるのが見えたら、とにかく走って逃げて」

走って逃げれる速度ではない罠
「ポンペイの犠牲者のほとんどが、体が完全にねじ曲がった状態」
「(ヘルクラネウムとオプロンティスの犠牲者の)頭骨は爆発したかのように砕けている」
「(火砕流と火砕サージは)必ずしも苦痛のない即死を保証するわけではない」

…何にしても怖いです。。
恐ろしい大噴火、高熱で脳が沸騰、頭骨が爆発2千年前のベスビオ火山の噴火による死者の最期めぐって研究、反論も ナショジオ
>そもそも体は沸騰し頭骨は爆発するのか
異能バトルではよく見かけそーな光景じゃが(そーじゃない
ナショナル ジオグラフィック日本版 -
以上

記事本文: 恐ろしい大噴火、高熱で脳が沸騰、頭骨が爆発 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事