胎盤持つ哺乳類に「光回復」機能がないのはなぜ? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

胎盤を持つ哺乳類には、ほかの大半の生物がもつ「光回復」機能がない。その理由は、初期の哺乳類が恐竜から隠れて、暗闇のなかで暮らしてきたためかもしれない。...

Twitterのコメント(34)

へぇ...おもしろいな
: ソマリアの洞窟に生息する目が退化した魚、Phreatichthys andruzzii。紫外線で傷ついた組織の自己治癒能力も失われていることがわかった。(PHOTOGRAPH COURTESY LUCA SCAPOLI…
ほとんどの動植物は、細胞が紫外線で損傷しても、ブルーライトで回復するのに、人間などの、胎盤を持つ哺乳類は、回復しないそうだ。
有袋類は持ってるけど飛び抜けてメリットがあるようには見えないなあ
んー でもクジラにもその機能ないのよね?
あれ 哺乳類からクジラに枝分かれしたのそんな最近だっけ。
有袋類には「光回復」機能なるものがある。ではなぜ人間にはそれが無いのやらと。
我々哺乳類は暗闇の中を歩んできたのか?
哺乳類以外には、日光で傷ついた組織を、日光の中の別の種類の光で治す機能があるんだって。
なにそれうらやま。
人間とことん弱ぇー😂
恐竜から隠れて暗闇で暮らすうちに失ったか、洞窟魚研究が示唆
哺乳類の先祖は恐竜を避けてずっと夜に活動してたので"光回復"能力を失ってしまったらしい。傷が治癒するのかなと思ったら光で回復できるのはDNAの傷だったw
恐竜から隠れて暗闇で暮らすうちに失ったか、洞窟魚研究が示唆
知らなかった。植物以外、哺乳類を除く動物にも光リジェネ能力があったのか
ユレさん思い出したやつ
有胎盤哺乳類を除くあらゆる生物は、傷ついた組織を日光の光で治す能力を持っている。哺乳類がこれを失ったのは恐竜を避けて夜に行動していた名残で、代わりに視覚・嗅覚や聴覚が発達したそう。光回復って厨ニ臭くていいな。
夜型は正義ってことだ(@wぷ
【胎盤持つ哺乳類に「光回復」機能がないのはなぜ?】

えっ…哺乳類以外は紫外線ダメージを日光で回復する機能あるの…それってトカゲやカエルにそばかす無いのと同じ理由…?
(トカゲ人や魚人に「ニンゲンは肌が汚い、醜い」と差別されるファンタジーが脳内展開中)
興味深い。
日光で傷ついた組織を、日光の中の別の種類の光で治す、小さな遺伝子群が見つかる。これは、科学者が「光回復」と呼ぶ便利な能力だ。
卵、胚の成長に光回復が有用で、哺乳綱は安定するまで母体の中に居るから、という淘汰も考えられそう
強い日光にあたっていたらむしろ皮膚がんになるよね(´・ω・`):
有胎盤類の祖先と同様に、有袋類の祖先も恐竜が支配する世界を生きていたにもかかわらず、現代の有袋類が光回復能力の遺伝子をまだ持っているという事実だ;胎盤持つ哺乳類に「光回復」機能がないのはなぜ?(ナショナル ジオグラフィック日本版)
なるほど大変興味深い…メモメモ…
「「夜行性ボトルネック」と呼ぶ理論で、目の形や網膜の構造、鋭い嗅覚や聴覚など、哺乳類だけが持つさまざまな特徴はすべて、暗闇の中で過ごしていた時期に進化によって獲得したものだとする考え方」 / "胎盤持つ哺乳類に「光回復」機能がな…"
|
有胎盤哺乳類が恐竜が休んでいる夜に活動していたことが、独自の進化をもたらした可能性がある。目や網膜の構造、鋭い嗅覚や聴覚など、哺乳類だけが持つ特徴はすべて暗闇の中で過ごした時期に獲得したとする考え方だ。
(´・ω・`) えっ、光回復ってなに。ぼくにもあるの?えっえっ
恐竜時代の哺乳類場合小さくて夜行性だった事からそのようになったらしい。
闇で生まれし我々、胎盤ある哺乳類は光による損傷を光で回復する機能がない。胎盤なしの有袋類は辛うじて光属性。我々は闇属性持ちなのに光属性っぽくふるまっているだけなのだ。
カメやサンゴ、バクテリアにもあるという「光回復」機能が有胎盤類にはないという。これは「夜行性ボトルネック」によるものだと考えられているようだ。

しかし有袋類や単孔類への言及がないのが引っかかるな。
光回復を知らなかったよ…日中常にベホマラーみたいなもんだよね…
胎盤をもつ哺乳類に「光回復」機能がないのはなぜ?(ナショジオ)→ 。中生代に"経験"した、夜行性が原因?というお話です。
「夜行性ボトルネック」か
案外こーいう性質が吸血鬼伝承とかにつながってたりしてとか妄想
有胎盤哺乳類の祖先が、大半の恐竜が休んでいる夜間に活動していたのではないかという話。(昼間、起きて働くという生活形態は、人間"本来"のものではないのかしら?)

| ナショジオ
以上

記事本文: 胎盤持つ哺乳類に「光回復」機能がないのはなぜ? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事