【動画】植物内部の「警報」伝達、可視化に成功 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

攻撃を受けた植物が防御機構を発動させるときに植物内部を駆けめぐる警報が、鮮やかな光で可視化された。...

Twitterのコメント(151)

植物も生きてるし、防衛してる。
ベジタリアンの危機…ww
--
植物は葉が傷つけられると、ほかの部位に警報を発して防御機構を発動
→蜂を呼ぶ
 カルシウム濃度を上昇させる 等
草むしりできない…奴らに復讐される(~~;
これなどは可視化されているので、分かりやすいかも…。
知能ってなんだろうな
植物は自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる・・・植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない。
埼玉大学豊田正嗣准教授ら9月14日付「Science」に発表
おもしろい
植物も痛みを感じてる。それなのに植物は食べて、動物を食べないのか?というと、動物は、人間と同じ血と心臓を持つものだから。
この警報が、「痛み」に属するものだとしたら、可愛そうだから動物を食べない、なんて人達からはどんな反応が返ってくるのかしら。

てゆか、そもそも「痛み」とはなんぞや、的な哲学な話になるのかしら。
地球少女アルジュナのワンシーンのよう
美しい
何かのブームとかは、僕にはこの動画( )みたいにネットワーク上をある情報が爆発的に広がっていく様子として知覚されるので、その現象自体が面白いと思ってるし、まあみんな好きにやってくれという気持ち。ミームは面白い。
出典はこちらだそうです。
凄い!毛虫が葉を食べると植物は自分を守るためスズメバチを引き寄せる臭いを出すというのだ。植物は伊達に人間より長く生きていないという証明か?
日本語ソースこれかあ
埼玉大のことあんまり知らないけどすごいなぁ
これすごい。脳の形をしてない脳がどっかにあるはず
時間を縮めているとはいえ、植物の中でもこんなに敏速な反応が起きているとは。驚きだ……。
食虫植物もこういう機構が特異的に進化したのかな?とか考えると面白い
すこし傷むと栄養価増し増し
とか、あるかな…(・ω・)?
1から10まで研究鵜呑みにしていいか、ってのはあるけど面白い。 ||
草も痛がる、みたいなこと?
「動物が可哀想だから食べられない」さん、詰み。
やっぱ着色なのか
-

植物は個体全体が脳の役割をしてるのね
ヴィーガンの文字列がTLに見えたので。これヴィーガンの方々どうするんだろ
植物ってこんなにすごいのか!!!
これ、非常に面白い。
こういうのめっちゃ好き
自分で調べようとは思わんが
植物が生き物である事の足がかりになる素晴らしい大発見だと思います
メモ…
ヴィーガンお勉強中の私が口を挟むのもよくないと思うけど、この記事を読んで「植物にも痛覚がある!かわいそう!」って言う人、薬剤耐性菌のこととか知らないのかな?きっと菌だって苦しいんじゃないかな?哀れんであげれば?
ある種の植物は、攻撃してくる昆虫を撃退したり、その昆虫を捕食する別の昆虫を引きつけたりする揮発性化合物を放出する。例えばワタは、ガの幼虫にかじられると、幼虫を捕食するスズメバチを引きつける物質を放出する。

すげ
何が起きたかを伝達するシステムがあるんだなー。これを意識と呼ぶかは判断材料が少ない気もするけど、面白いね。 ||
体内伝達シグナルの解明が進行中。グルタミン酸とカルシウムとの関係解明と、それを蛍光発色タンパク質で可視化というヤバい研究です。

Caの管理は栽培で最重要ポイントのひとつですが、防御機構まで影響するとは。これは へ応用性の高い発見かと思います。
動けない代わりに別のところが進化してたんだ。脳がないのにどうやって情報処理してるのかは確かに気になる。昆虫よりも賢いんじゃないか?(笑)
グルタミン酸が出るってことは人類にとっては植物に危機を感じてもらうほどうまいもんになるってことか
これはすごいニュース。植物にも知性があるのかも。
この記事で「ヴィーガンってもう食べるものねえな」と煽り気味に喋ってるの見たけど、一寸調べたら菌類や原生生物はokらしいのでキノコ、ミドリムシ、昆布、ワカメ、海苔、寒天とかあるからまだイケる。ウチはゴメンだけど。
なるほど、カルシウムって伝達物質なのね
甲殻類の痛覚の時も思ったけどそろそろ一部の人何も食べれなくなるね?
昔から知ってた。
「グリーンアイズ」って漫画で見た。(`・ω・´)キリッ
意志や感情がある動物は食べない!っていう思考だけで頑張っておられるベジタリアンさま。
次は何を食べるのだろう。。。
ある種の植物は、攻撃してくる昆虫を撃退したり、その昆虫を捕食する別の昆虫を引きつけたりする揮発性化合物を放出する。

すげー
とても貴重な動画です

植物は知的であるし、アミノ酸の力は偉大だ
【動画】植物内部の「警報」伝達、可視化に成功:ナショジオ 20180914
"植物は/傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動/植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかも"
ヒトみたいにグルタミン酸とカルシウムでやってるらしい
こうなると機械的な反応と意識的な反応の違いが分からなくなってくる
"植物は、自身の葉などが傷つけられると…警報を発して防御機構を発動させる。このほど研究者たちが、この防御反応を動画にとらえることに成功した。植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない" / "【動画】植物内部の「…"
"つまり、カルシウムは生物に共通の通信手段なのだ。植物の通信のしくみの解明はまだ始まったばかりだと、ギルロイ氏は言う。" /
植物にも神経っぽい仕組みがあって、身を守るための術があるのか /
ベジーの人に植物も命って言うと痛覚ねーしwwって返された事けど機構的に同じようなもんあるなら崩れそう(実際は面倒だからラーメン二郎の丼ぶりを頭からソイ!するのが正解)
すげええ。植物痛覚あるんだな
ベジタリアン何も食えなくなるじゃんこれ
葉っぱをかじられたら、植物は全身に警報を発し、対処行動を起こす!植物も痛みを感じるのだ。
生物は、ほかの生物を摂取して生きていく、これは生きていく上での業なのです…
植物は齧られるとか、生命の危機を感じると防御態勢に入るって、脳はないのに何故それが起きるのかを研究したらすごいことになりそう。
植物にクラシック聞かすことで成長促進みたいなのあったよね。まだまだ世界は広く、深く、飽きることがないねぇ……
これスゴイ…植物を育てる時は愛でる気持ちで話しかけなきゃと改めて思った(ちょっとちゃう
つまり今まで菜食主義者が「植物は苦しまないから食べてもセーフ」ってのは「うさぎは悲鳴を上げないつまり苦しんでないのでセーフ」と同列だった訳だ
すごい。脳のような器官を持たない植物の「意識」の片鱗が見えるかもしれないのがわくわくする。
|
植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。
突き詰めれば、どの生物も食われる為に生まれ生きてるわけじゃないからなあ。それをやれ「動物は命」だの「植物は問題ない」だのと……。
こいつはすげえ。カッコいい。
ヒェー!!植物も痛かったり、苦しんだりしているのかな。切ないよ。
動物の脳のようにCa濃度で伝達するとかすごいな…。
すげぇ、、、、

ただただすげぇ、、、
イメージング技術の発達しゅき
植物も生きてるしきっと痛かったりするんだなあ……我々とは違う形で意識があったり時を感じてたりするんだろうか。やっぱり「いただきます」の気持ちを忘れちゃいかんと改めて思う。
「例えばワタは、ガの幼虫にかじられると、幼虫を捕食するスズメバチを引きつける物質を放出する」

嫌な防御法だなぁ
これで植物も痛み感じるんだな。
火の鳥だ。植物は生きてる。当たり前だが、生きてるんだ
" 植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。"
さてこれで「動物の権利」ならぬ「植物の権利」が主張されるようになるのかなー。 /
カルシウムイオンによる細胞間シグナル伝達を可視化できる技術は前からあったっぽいね。今回は傷による情報伝達をリアルタイムで可視化の成功したのが大きい。
「葉っぱをかじられた植物は、全身に情報を伝え、防御機構を発動する」|
ヒトの知性は生物全体から見れば"特殊"かもしれないけど、ヒトが特別に賢いわけじゃなくて、知性そのものは動物にも植物にもある。形が違うだけ。"特別"ではなく"特殊"なのだ。
|

≫毛虫に葉をかじられるなどの攻撃を受けた植物は、グルタミン酸というアミノ酸を出す。
≫シグナルがほんの数分ですみずみまで広がる

(´・v・)電気信号による神経伝達ではなく、循環器を経由した伝言ゲーム形式なのね。
「ある種の植物は、攻撃してくる昆虫を撃退したり、その昆虫を捕食する別の昆虫を引きつけたりする揮発性化合物を放出する。例えばワタは、ガの幼虫にかじられると、幼虫を捕食するスズメバチを引きつける物質を放出する。」
これは不殺生戒方面に議論を呼ぶやもしれませんな。
この界隈の方々がどう反応するかが見物ですなー
これを巡ってヴィーガンの人が色々反論しているようだが、高尚でも下賤でもいいけど自分の食スタイルを人に干渉してるから厄介者なんだと思われてんだろ。
あぁ、何か植物って「食われてる」って自覚はあるらしいよね。苦痛の有無についてまではよくわからんけど。
前から防御機構は言われてたね、
植物が痛みを感じているとなったらベジタリアン壊れる。\
植物にも「感覚」はあるんだよ

だから 木が切られてるのを見たら
すごく " 痛かったね "って気持ちになる

優しそうな木があれば "話しかける"

綺麗な花があれば "キレイだね"という

仲良くしていた 福岡の木 元気かなぁ
ふむふむ。農家とかの経験則が立証されてる感じ?思考するコアみたいなの発見できたら面白いね。
どう反論するのですか。菜食主義者さんお答えください。ちなみに純粋にどう論陣を張るのかが気になるだけで当職はベジタリアンでもアンチベジタリアンでもないですを。
菜食主義者はいよいよ霞を食って生きていくようだよ😂😆😂😆
ほえー。「これを知性と見なすか否か?」という問題提起は面白いぬぅ。聞いてアロエリーナ♪ でちゃんと聞いてくれてた可能性が。
どーてもいいんやけど、ヴィーガンなヤツて話おもんない。人間的な魅力が無い。おもんないからヴィーガンなのか、ヴィーガンやからおもんないのか。
"植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。このほど研究者たちが、この防御反応を動画にとらえることに成功した。"
虫からの攻撃に対応するためか。
とある植物の蜜は飲むときに"見つからないように"しなければならないという伊藤潤二氏のホラー漫画を思い出した。
ほぼ、瞬時に展開ですね。素晴らしい。
@gerogeroR 勝手にやっててくれれば何も言わないのに、押し付けてくるから反発が起きるって構図はヴィーガン以外にも言える話ですね。
ちなみに、植物も痛み(っちゅーか傷)は分かるそうで、痛みを感じない論のヴィーガンはこの動画を見て何を思うのかは少し気になる。
植物の情報伝達が凄い。結局、免疫含めて化学反応で生物は成り立っている。
生物のメカニズムは驚異に満ちていて、美しいですね。→
凄いぞ植物!
つくし採った瞬間もこんなエマージェンシーなんやね。虫に食われて天敵の虫呼び寄せるとか、カシコ過ぎない?
植物にも優しくしよう
これはすごい研究。
面白すぎる…
>>カルシウムのシグナル伝達は、あらゆる生物で起きているのです
ヴィーガンくん!落ちてる木の実だけ食べよう!生きてる植物にも痛みはあるぞ!
これを読むのです〜(´ω`)って言われて、ウワッタイトルからして怖ぁっ!てなったんだけど…
カルシウムでのシグナルって脳のある生体と同じ仕組みとか…遺伝子怖い…連綿と繋がってきたこともそうだし…疎通したくないな
動物を調理するときに、残虐な方法はダメだという話があった。では植物は?
外敵からの攻撃を危機と感じることに動物も植物もない、この研究はそのことを示しているとも言える。だからといって、生野菜を食べることをやめるわけじゃないけど。
すっごい
また深化してた。おもろいなー。
>例えばワタは、ガの幼虫にかじられると、幼虫を捕食するスズメバチを引きつける物質を放出する。
『【動画】植物内部の「警報」伝達、可視化に成功』
これだけしっかり可視化できるんだなぁ。
ぼくも以前、植物の防御機構については研究してたんだけど、そのシステムは色んなところで応用可能なんだよね。

「カルシウムのシグナル伝達は、あらゆる生物で起きているのです」
脳をもたない植物が、巧妙に身を守っている………そういえば、私達にも意識以前の「反射」がありますね。

たとえ「思い通り」にいかず悩んでいても、意識を超えたところで、すでに私達は必要な行動をとっているのかもしれません。

--
"カルシウムは生物に共通の通信手段なのだ。植物の通信のしくみの解明はまだ始まったばかりだと、ギルロイ氏は言う" /
植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。この防御反応を動画にとらえることに成功した。植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない / "【動画】植物内部の「警…"
すごいです
ねむのき?さわると
葉が閉じたり
動くのある植物は
分かりやすいが
動かなくても
いろいろな反応しているんだな~と
それも、カルシュウムの上昇
反応も早いのは驚き

植物に話しかけたり
撫でたりすると
いろいろな見えない反応
してるかもですね~(^o^)
| ナショナルジオグラフィック

>植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない。
>「これだけ高度な計算をするためには脳のような情報処理ユニットが必要だと思うのですが、植物には脳はありません」
わくら葉整理する時いつもピンチと思われてたのかな
ほら、植物も痛がってるぞ。
「これだけ高度な計算をするためには脳のような情報処理ユニットが必要だと思うのですが、植物には脳はありません」
植物内部の伝達に関する同様の研究から、グルタミン酸とカルシウムが伝達プロセスに重要な関与をしていることはわかっていたが、このプロセスをここまで鮮明にとらえたのはギルロイ氏の研究チームが初めて。
植物も苦しんでるやんwwwwwヴィーガンどう反論する?
おお、美しい。学部生の頃の卒論とほんのわずかに関係あるからちょっと楽しい
もうヴィーガン死ぬしかねえな。
植物は痛がらないし苦しまないから食うのが許されているのだ理論は音を立てて崩れたぞい。
(可能性)"例えば、特定の病害虫の大発生が予想されるときには、先に植物の防御機構のスイッチを入れておき、問題が発生する前に守りを固めさせることができるでしょう"
凄いな。これと似たような事が、人の体内でも行われているんだよな。生命というメカニズムの不思議。
『電気信号』で
なんでも自由自在になんのかなー
こうなってくるとヴィーガンの人たちに「植物も意思を持ってる!」「植物を食べるのは可愛そうではないのか」って言い出す人が出そうだな🤔対する反応は「この植物は防御機構を持ってないから食べてもいい」とかなのだろうか🙄
カルシウムイメージングかな。笑
ヴィーガンの人どうする?→植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない
脳みたいな情報処理機構が要求されるのにそれがない云々言うあたりは、別に情報伝達に必要ないだろうとしか思わんが、どうなんだろう。どの程度、情報を利用してるのかね
このニュースや動く速度見ると、動物と植物は同じ時間を共有しながら、その受け取り方は異なっているんだなと思うわ。
葉っぱをかじられた植物は、全身に情報を伝え、防御機構を発動する
カルシウムによる防御機構って、受精卵もそうだよねたしか。
「ある種の植物は、攻撃してくる昆虫を撃退したり、その昆虫を捕食する別の昆虫を引きつけたりする揮発性化合物を放出する。」
葉っぱをかじられた植物は、全身に情報を伝え、防御機構を発動する
[植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない]
とても面白い。動物とは異なるメカニズムで植物も苦しみを感じている可能性はあるのかしら。「見ようとしないから見えない」のかも。
「 植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。このほど研究者たちが、この防御反応を動画にとらえることに成功した」 / "091400230"
「植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。」という様子を可視化したようです🌵🙄
おー、これは面白い記事
中央情報処理システムがなくても免疫系が働くって、どんなシステムの設計になってんのか予想もつかない、
こういうのわくわくするよね。
植物を最も犠牲にする工場畜産が一日も早くなくなりますように…これを見て植物も動物も同じだという言う人は好きなだけ犠牲を増やしていいと言っている自分に気づいてくださいね…
葉の端から端まで警報が伝達するまで90秒。無論植物ごとに固体差はあろうが、中枢が存在しない分散処理型の植物は、個体の『危機の認識の共有』までにかかる時間は恐ろしく長い
植物のタイムラプスもそうだけど、こんなの見せられたら植物をぞんざいに扱えない。紛れもなく生き物だ。
ヒトの時間の流れで観察すると植物は動かないように感じるけど、植物の視点ではヒトや動物が高速で動いているだけで、命の価値はペットの犬猫と違いがない事がわかる。
以上

記事本文: 【動画】植物内部の「警報」伝達、可視化に成功 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事